いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「嫁ハラ」「婿ハラ」に注意だそうで…

「嫁ハラ」「婿ハラ」という言葉があるようですね。実家に帰省した時に,うちの母親は「他のお嫁さんは旦那の実家に帰りたがらないよ」と言われたようです。実際にはどうなんでしょうか。


帰省時 “そのひと言”に注意を


引用
大手日用品メーカーの「ライオン」は、先月、26歳から50歳までの結婚している男女500人にお盆休みのストレスについてアンケートを行いました。
それによりますと、ストレスを感じるのは「相手の実家に帰省する時」だと答えた人が48%と最も多く、この時期の混雑や渋滞を上回りました。
また帰省した際に、全体の36%が義理の親から傷つくようなことを言われるなど、いわゆる“嫁ハラ”“婿ハラ”と感じた経験があることが分かりました。
このうち女性は「子どもはまだか」、「太ったのではないか」など、子どもや体型に関することに、男性は「夫婦仲よくしているか」、「昇進はあるのか」など、夫婦の関係や仕事に関する発言にストレスを感じるということです。
これについて、カウンセラーの荒木次也さんは「迎える親世代は『来てくれてありがとう』、訪ねる子ども世代は『元気でいてくれてありがとう』と、お互いに感謝の気持ちをことばにすることが大切だ」と話し、実際に口にすると、自然によい雰囲気になり、ストレスをためずに過ごせるとしています。


お互いに感謝の気持ちを表すことが必要ですね。でもどんなに関係がよくても育ってきた環境が違うわけですから,ちょっとしたことですれ違いがあります。地方と都会の言葉の違いもあり,妻には方言は乱暴に聞こえ傷ついたこともあるようです。


関係は良好ではありますが,うまく間に入っていい関係が続けていければいいなと思います。まだ手伝ってもらうことがありそうですから…。

嫁姑が幸せになれる100の知恵

嫁姑が幸せになれる100の知恵

心が折れそうな嫁が読む本―姑と暮らすシンプルな習慣

心が折れそうな嫁が読む本―姑と暮らすシンプルな習慣