いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

出産・育児は渋谷区が得って本当か

住みやすい街という記事がよくありますが、出産・育児は渋谷区が得だそうです。


出産・育児は渋谷区が得?高齢者が一番住みやすい街は?東京23区で介護難民あふれる懸念も


引用
 行政サービスは隣り合う市区でも違いが出る。

 例えば東京都中央区の場合、妊娠したらタクシー利用券1万円分、出産祝いには区内共通買物券3万円分が支給されるなど、子育て世帯に手厚い。認可保育園の保育料は月額2万5000円(第1子、3歳未満児で、前年度の所得税が17万円の場合)だ。一方で隅田川を挟んだ江東区は、妊娠・出産祝いは「なし」。認可保育園の保育料も月額3万6500円と割高だ。

 さらに、23区内でいえば、渋谷区では1人の出産につき8万円を支給する「ハッピーマザー出産助成金」という制度もあり、子どもを産み育てるなら、渋谷区内か、中央区がお得になる。

 また、子育て世帯向けでは、子どもの医療費助成も市町村間で差が出やすい。東京都では全市区が中学校卒業まで通院でかかった医療費の助成を受けられるが、神奈川県、千葉県では小学校低学年までという市も多い。例えば、東京・大田区では子どもの医療費助成(通院)は中学校卒業までだが、多摩川を挟んだ神奈川県川崎市では子どもの医療費助成(通院)は小学校1年までなのだ。


ここら辺の行政サービスは自治体によって本当に差が出ます。横浜市も小学校1年生までの助成です。また子育てには関係ありませんが、藤沢市はゴミが有料だとか。これから住む場所を行政サービスで選ぶという時代になるでしょうね。もうなっているのかもしれませんが…。

住みよい街ベスト50 (Shinkosha Selection)

住みよい街ベスト50 (Shinkosha Selection)