いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

不妊治療の助成に年齢制限で

不妊治療の公費助成の年齢制限がされそうです。42歳という年齢はどうなのでしょうか?


<不妊治療>公費助成「42歳まで」は16年度から(毎日新聞より)


引用
 厚労省医療保険が適用されない体外受精について、年間所得が合算で730万円未満の夫婦を対象に、費用の一部を助成している。体外受精や顕微授精の治療費は1回当たり30万円程度かかる。現在は、通算5年、計10回を限度に、1回15万円(採卵せずに凍結卵を使う場合は7万5000円)を給付する。給付回数は、1年目は3回まで、2年目以降は2回までだ。

 新制度では、助成を受けられる対象を42歳までとする年齢制限を初めて設け、年間の回数制限をなくす一方、40〜42歳は通算3回まで、39歳以下は6回までとする。


42歳を超えると妊娠しづらいということで公費助成に年齢制限を設けたのでしょう。確かに早い段階で不妊治療をした方が効果があるようです。それにしても1回30万円は高いですね…。

不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~

不妊治療、やめました。~ふたり暮らしを決めた日~