いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

横浜市の中学校は給食がない!!

中学校給食の早期実現は今回の横浜市長選の候補者が公約として掲げています。地方出身の私には本当に衝撃でした。今,なぜこのような公約が掲げられることになったのでしょうか。

統一地方選:中学校給食が焦点に、背景に女性の社会進出など/横浜市議選


引用
東日本大震災の発生を受け選挙戦で防災、災害対策の強化の訴えが目立つ中、横浜市議選では公約の一つに中学校給食(昼食)の検討を掲げる党派、候補者が増えている。市は2011年度、中学校昼食のあり方の検討調査に着手。改選後は子育て支援、教育環境の充実の一環として市会論戦の焦点の一つになりそうだ。

 「中学校昼食のあり方について検討します」「中学校給食導入へ向けて検討を行います」「中学校給食を推進します」―。同市議選向けの政党の政策集には、表現の違いや温度差はあるものの、中学校給食、昼食を取り上げるケースが目立つ。各候補の選挙公報でも、取り上げ方の強弱や優先度の相違こそみられるが、今回の選挙で顕著に増えた。

 背景にあるのは、女性の社会進出、共働き世帯の増加による中学校給食に対するニーズの高まり。子育て世代が多い選挙区のある候補者は「地域を回っていると、中学校給食の実現は切実な要望だと実感する」と話す。市は子育て支援を最重点課題に位置づけているが、特に若い層が多い選挙区では保育所待機児童の解消などと並びストレートな反応があるようだ。

 問題は財源。市は中学校給食の全面的な実施には慎重な姿勢で、弁当の持参が基本というスタンス。その上で、弁当を持参できないケースへの対応は食育や成長期の栄養という観点から必要という考えだ。実施へ向け本格的に取り組んでいくという候補者もおり、改選後、市の検討状況と合わせて有権者、市民の関心を集めそうだ。


女性の社会進出にともなって学校給食に対する要望は大きいのでしょうね。特に中学生はたくさん食べますから。ところでなぜ横浜は中学校の給食がないのでしょうか?地方出身者の私には驚きでした。以下のホームページが参考になります。


横浜市の中学校では給食がないのですが、他の地域ではあるのが当たり前と聞きました。どうして給食がないのでしょうか?(あやなさんのキニナル)


引用
清水課長によると、小学校は全国的な学校給食実施の流れに沿うことができたが、中学校の給食実施が全国で進んだ昭和40年代、横浜市は別の問題をかかえていたそうだ。それが、急激な人口増による学校建設だ。現在、横浜市内には145校(平成21年度時点)の公立中学があるが、それらの多くは昭和40年代以降、急激に進む人口増加の中で設立されたという。

当時、一括して給食を導入することも検討されたが、横浜市の場合、学校が主体となって学校運営を行う特性があったため、給食導入を市が先導するという雰囲気になかったそうだ。

なんとも歯切れの悪い回答だが、他県の実施状況と神奈川県内その他の市にも給食がない状況を比較して考えると、当時、県内に給食導入を先導する旗振り役がいなかった状況が想像できる。

続けて、家庭からは給食実施の要望がないか聞いてみた。
すると、女性の社会進出の盛んな昨今、給食導入への要望は確かにあるという。しかし、学校レベルでの提案が多く、行政、議会などへの働きかけにまで及ぶことはないらしい。実施に向けては莫大な予算も必要なため教育委員会レベルでは動かしがたい部分もあるそうだ。

その莫大な予算とはどれくらいなのか。
昨年横浜市教育委員会日本共産党横浜市会議団の要請にこたえ(2010年)11月11日付で自校調理方式(給食センターによらず自校で調理する方式)での試算を提出した。それによると、初年度262億8000万円の運営経費ほか、諸経費込みで322億2000万円だという。

ちなみに、給食センターで一括調理をする方式を取り入れた東京都稲城市の例だと、2棟のセンターで、市内の小学校11校、中学校6校の給食を作っており、建設費用は1棟8億3000万円、年間費用2400万円で賄える。

調理方式の違いも議論の対象だが、どちらにせよ145校の中学校を抱える横浜市の場合、教育委員会の立場としては慎重にならざるを得ないのだろう。

このような状況の中、横浜市教育委員会は弁当昼食の利点を強調する。
弁当昼食にすることで、家庭での食生活の比重が増すとともに、自分できちんと食べ物を選ぶ力が身につき、体調、コンディションの良くないときに栄養のバランスを自律できるようになるというのだ。これらのことは国の推し進める「食育」の目指すものと一致する。

では、実施状況や運用には問題はないだろうか。
学校での昼食風景を聞くと、昼食時間「15分」だというのだ。
これにはさすがに取材スタッフは絶句した。
教育委員会では「15分といっても配膳や片付けの時間は必要ないし食後の昼休みはあるので、小学生の給食時間40分から45分と事実上変わりません」と言い張るが、「牛丼食ってるんじゃないんだけど…」が取材スタッフの気持ちだ。

教育委員会の言い分は「食育」を標榜しつつ中学生に「弁当持参」させているようだが、具体的な現場の状況を調査するうちに、行政側の目指す目標と実態に大きなずれが見えてきた。


結局,予算がないので学校給食を導入しないだけで,それ以外の理由は後付けなのでしょうね。しかし,今回の横浜市長選で争点になっているようだから今後の動きに注目ですね。子育て世代としては期待しています。


日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ

日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ

日本一おいしい給食を目指している 東京・足立区の給食室 毎日食べたい12栄養素バランスごはん

日本一おいしい給食を目指している 東京・足立区の給食室 毎日食べたい12栄養素バランスごはん