いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「イクメン」=「草食系男子」か?

最近の若者は軟弱になったと年寄りが言いますが、今回は伊藤忠商事の社長が若者論と称して言ったようです。

「イクメン」「弁当男子」は出世できないのか 伊藤忠社長「変わった趣味」論が波紋 〜JCASTニュースより


引用
プレジデント・オンラインで2012年12月21日に掲載された岡藤社長のコラムの題名は「『イクメン、弁当男子』は、なぜ出世できないか」。やや煽り気味の見出しだが、団塊世代の岡藤社長が、現代の「元気のない若者男子」について「ハングリー精神のない『温室育ち』に見える」と断じた。
子どもの頃から競争社会だったという岡藤社長は1974年に伊藤忠入社。当時を「ものすごく活気があり、ハングリー精神もあった」と振り返る。これに対して、社会が豊かになるにつれてハングリー精神や上昇志向が失われ、ゆとり教育により「強い気持ちを養う機会」が減ったと考える。
さらに、昔の「男は仕事、女は家事育児」という役割分担と、「イクメン」に代表される現代の生活スタイルを比較。女性の社会進出により男性が育児に参加し、かつてのような男女の立場が「逆転」することに一定の理解を示しつつも、「女性と男性という性差による役割、つまりそれぞれの適応性はあるはずだ」と指摘。「その本質的なところはよく考えないといけない」と続けた。
男性が弁当を自分でつくって会社に持ってくることは「ちょっと変わった趣味」と感じるそうだ。「弁当男子」になるよりは、職場の同僚と食事を共にして親睦を図ったがよい、と勧めている。


性差による役割分担などは分かるが、若者を「ハングリー精神がない」と断じるのはどうか。またこの時代にハングリー精神は必要なのかという疑問もある。


ハングリー精神があってガツガツ仕事されたら逆に煙たがられるのではないか?そういう人がいるとサービス残業常態化され、会社も残業代払わなくなる。塾業界ではよくありますね。


与えられた仕事をこなしているのに精神論で断じられたら困り物ですね。伊藤忠ブラック企業なのかな(笑)。



新しいパパの教科書

新しいパパの教科書

パパ1年生

パパ1年生

  • 作者: 安藤哲也,ファザーリング・ジャパン
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2012/02/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る