いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子供の学習費用っていくらかかるの?〜文部科学省の調査より

子供をもつということはそれだけ出費が増えるということですが,その中でも教育費はかなりの割合を占めると思います。子供にはよりよい教育を与えたいというのが親の本音でしょう。では実際にどれくらいのお金がかかるのでしょうか?


子どもの学習費調査


引用
幼稚園は公立約23万2千円,私立約53万8千円,小学校は公立約30万4千円,私立約146万5千円,中学校は公立約46万円,私立約127万9千円,高等学校(全日制,以下同じ。)は公立約39万3千円,私立約92万3千円となっている。
「学習費総額」における「学校教育費」,「学校給食費」及び「学校外活動費」の構成比は,授業料を必要としない公立小学校及び公立中学校においては「学校外活動費」の構成比が高く,63%を超えている。私立幼稚園,私立中学校及び公私立高等学校では「学校教育費」が高く,私立幼稚園及び公立高等学校で60%を超え,私立中学校及び私立高等学校で74%を超えている。



やはり私立は高いですね…。この費用に加えて塾に通うとさらにお金がかかります。


引用
学習塾費を支出している場合,私立小学校,私立高等学校の「40万円以上」がそれぞれ最も高くなっている。
年間で「学習塾費」に支出した者の平均額は,幼稚園では公立約4万5千円,私立約13万2千円,小学校では公立約13万2千円,私立約29万5千円、中学校では公立約25万7千円,私立約21万7千円,高等学校では公立約22万6千円,私立約31万8千円となっている。



私立中学に通わせるだけでも大変なのにそのうえ,塾にまでは行かせられないですね。私立に行かせるなら学校がしっかり面倒を見てくる学校に行かせたいものです。そういうことを売りにしている学校もありますけどね。それで総額はどうなるのでしょうか。


引用
幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間について,各学年ごとの「学習費総額」をケース別に単純合計すると,ケース1のすべて公立の場合は約503万9千円となっている。また,ケース2の幼稚園だけ私立の場合は約598万7千円,ケース3の高等学校だけ私立の場合は約661万8千円,ケース4の幼稚園及び高等学校が私立の場合は約756万7千円,ケース5の小学校だけ公立の場合は約1,002万7千円,ケース6のすべて私立の場合は約1,701万6千円となっている。なお,ケース1とケース6の差は約3.4倍となっている。




すべて私立だと約1700万円ですね。これは払えません。これは世帯収入によっても差があるようです。




このように教育費を考えていくと頭が痛くなります。とにかく公立で行けるように頑張ってほしいものです…。


進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書)

進学格差―深刻化する教育費負担 (ちくま新書)

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備!  (Como子育てブックス)

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)