いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

日本の大学生は勉強しないは本当か?

日本大学生は予習復習のために費やす時間が1日平均39分だそうです。アメリカの大学生は日本の大学生とは比べ物にならないくらい勉強しているという記事。よく見ますよね、こういうの。


日本の大学生はなぜ勉強しないのか


引用
私は米国の大学(University Washington)でも勉強した経験がありますが、日本の大学とは全く異なっていました。まず第一に、予習をしていかなければ全く授業について行けません。授業にもよりますが、90分の授業の準備に1〜3時間の予習が必要です。

(省略)

生徒の授業に対する姿勢も、日本の大学生とは大きく違います。米国の場合、大学の卒業証書をもらっただけでは良い仕事を見つけることが出来ないため、良い成績を取ること、実力を身につけることに皆、懸命です。授業料も基本的には本人が借金をしたり奨学金でまかなっているため、「お金を払った分だけの対価を得よう」と真剣です。特に奨学金で大学に来ている生徒の場合、成績が悪くなると奨学金が打ち切られてしまうので、必死です。

(省略)

極論で言えば、日本の社会は未だに「身分社会」の色が強く残っているからこんなことになっているのです。さすがに江戸時代のように「生まれ」で決まる時代ではありませんが、大学を卒業した時にどこに就職するかでその人の一生の「身分」が決まるのが今の日本の社会です。その時点で、霞ヶ関の官僚や東電NHK・NTT・大手金融機関のような国策企業に入ることができればベストですが、(いざとなったら政府が「雇用の確保」のために救済してくれるような)一部上場企業に入ることが出来ればほぼ「身分」は一生保証されます。


ということは雇用を流動化させろということ?そうすれば大学生が勉強するの?そんなことないでしょう。社会に出て必要になれば勉強するでしょうに。日本人は飲み屋でも帰りの電車でも仕事の話してますよ。仕事をするという意味では平均時間測ったらアメリカに勝てるのでは?


まあそういうことを言うと、効率が悪いとか時間が長ければ良いものではないと言われるんでしょうけど、大学生の勉強時間だけ比較して、「だから日本はダメなんだ」とは言って欲しくないものです。