いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

結婚は何のためにするの?〜女性の本音

結婚の条件にはシビア,結婚しても幸せになるとは限らないと言ってもやはり結婚はしたいと考える人たちもいます。その本音は何なのでしょうか?


結婚に夢を持たない現実的な女子がそれでも婚活に走る理由6パターン【ウーマン】(日刊ナックルズ)


引用
結婚にはシビア...でも「婚活」はする女性の本音
●その1:老後の不安

「世の中の離婚率を考えたら『結婚=幸せ』と安易には考えられない。でも老後に一人になるのは不安だから、できれば結婚したい」(28歳/不動産)


●その2:出産の年齢制限

「結婚そのものへの憧れはないんですが、やっぱり親に子どもの顔を見せてあげたいですね。年齢的にも急ぎたいので、婚活しています」(30歳/出版)


●その3:加齢にともなう世間の目

「もともと結婚願望は薄め。だけど、女性が一生仕事して食べていくのは、社会情勢的にも日本の風習的にも無理があると感じます。出世していける能力もあるかわからないですし」(32歳/製造)


●その4:幸せな家庭への憧れ

「幼いころから、顔を合わせればケンカばかりする両親を見てきたので、私の中で結婚は幸せと結びつきませんね。自分こそは失敗しないぞ、幸せな家庭を築くぞ、と思って婚活しています」(32歳/飲食)


●その5:結婚は生きる術

「自由はお金で買えるというように、『結婚=自由をお金に換算すること』だと思っています。私は仕事人間になれないタイプなので、ラクに生きていくために結婚は必須」(29歳/アパレル)


●その6:結婚と独身の違いを知りたい

「結婚に偏見はないけど、結婚願望もないです。でも周囲に『結婚しないの?』と聞かれすぎて、そんなに今の生き方よりいいものなのかと知りたくなりました。一度経験しておいてもいいのかなと思い、婚活中です」(34歳/看護師)


それほど驚きの理由があるわけではありません。ただし,結婚するということは制限もあるということ。独身時代のように自分の都合だけで動くことはできません。子供が生まれると休みもなくなります。それでも結婚したいという相手が出てくるまで婚活した方が良いのでは?