いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

現役ホストが恋の手ほどきをする婚活イベントがあるらしい

婚活イベントが流行し,自治体もそれに乗り出し,「みんなで結婚しようぜ」となっておりますが,結婚することが目的ではないはずなんですけどね。結婚してからの生活の方が長いわけですから…。


現役ホストが恋の手ほどき 兵庫・加西市、婚活イベント前に面接(産経新聞より)


引用
若い世代の定住促進を目指す兵庫県加西市は18日、婚活イベントの参加者を対象にした恋愛講座の講師の選考会を行った。参加したのは東京・歌舞伎町などでホストクラブを経営する鶴見一沙(いっさ)さん(34)と、現役ホストの天地寿(あまちひさし)さん(28)。2人は恋愛講座に参加する男性陣に指南する「女性との正しい接し方」などプロのテクニックを披露した。

(省略)

婚活イベントは10月14日に市内の民間企業と市が共同で開催。カップルの成立率を高めようと、イベントの直前に行う恋愛講座では、男性参加者に交際から結婚に至るまでの女性との上手なコミュニケーションの取り方を学んでもらう。
 この日の選考会では、2人のホストが恋愛指南役にふさわしい話し方や指導力などを備えているかを市幹部が評価した。
 鶴見さんは応募の理由を「われわれはよりよい人間関係を築くプロ。仕事で身につけたスキルで少しでも世の中のために貢献できれば」と説明。天地さんも「どこをほめれば女性が喜ぶかのテクニックを教えていきたい」と話した。


市の幹部が恋愛指南役にふさわしいかどうか判断したようですが,判断基準って何なのでしょうか?参加する女性は参加した男性がこのような恋愛指南を受けているという前提で参加してるんでしょうね。まあ,第一印象は重要でしょうけど,それだけで結婚までいたるのかな。良く分かりません。


さらに結婚してから長く一緒にいるわけですから,そういうことも考えないといけないですね。自治体としては「成婚率」が上がればよいと考えているのかもしれませんが…。