読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子供に自己管理をさせたいなら放っておけ

中学入試関連

「子供が自主的に勉強する」,「自分で学習計画を立てる」というのは理想ですよね。実際に私もそのような生徒に教えたことがありますが,これは塾のやり方と親の関わり方によって実現が可能です。


大切なことは親や先生が手を出さないで放っておくことです。これは本当に難しいですね。先生はすぐに手を出したがり,教えたがります。親も子供のためと思って,やってあげます。しかし,これでは自己管理はできません。


できるまで待つというのは簡単なようで,実はとても難しいことです。時間が無限にあれば良いですが,そうも言えず,待ち続けることはできません。


私が教えていた生徒は自分で一週間の学習計画を立て,自分で勉強していたので,勉強しないということが想定できませんでした。嫌なら勉強しなければいいわけですから。


しかし,勉強させなければならない時期があり,勉強したくなくても受験する必要がある時には,やる気のない中学生や小学生に勉強させるのが塾と親の役割になります。


そうするとどうしても手を出したくなりますね。手を出さないとずっとそのままで改善されないということが想定されるからです。


これは事実です。ということは結局のところ,自分で必要性を見出さなければやらないということです。そのため,塾や親の役割は必要性を見出すような仕掛けを考えることであり,直接手を出してやってあげることではありません。


これは大変難しいことですが,今後の人生において非常に重要なことです。なんとか自主管理が実現できるように頑張っていきたいと思います。