いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

年を取るとスピリチュアルになる説

正月に田舎に帰ると「来年のあんたの運勢は○○。奥さんは○○。息子は○○」と言われ,○○で厄除けしといたと言われることがとても多いです。3人いればだれか厄年やら前厄やらといろいろなものにあたるわけで,さらに風水なども絡んでくると移動まで方角によって縛られることになります(笑)。

 

これって実家にいたときにはそれほど感じず,最近に特に感じるんですよね。それで原因を考えると自分たちの親たちはもう60歳を超えて,だんだんと死が見えてきた年齢だからかなと思うわけです。

 

修行といってある道場に行ったり,セミナーに行って話を聞いたりとかなりスピリチュアルに活動しています。仕事もなくなり子育ても終わり,時間ができたというのもあるのかもしれませんが,前述したとおり,「死」というものを意識し人生を振り返り始めたからだろうと思うわけです。

 

あの香山リカさんもこんな本を出しているんですね。知らなかったー。

 

 

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 (幻冬舎新書)

 

 

我が家の母親は「自分が弱い人間で,宗教に頼っていきたい」と思っているようです。弱い自分を神にお願いすることで強くしたいということでしょうか。以下のホームページにはスピリチュアルにはまる心理が書かれています。

 

  1. 女性の脳は占いが大好き!?
  2. 占いでビジョンを得る。執着を断つ。
  3. 同意を得て安心する。
  4. 自分で決められないことを、誰かに決めてもらいたい。
  5. 自分の気持ちをわかってもらいたい
  6. 都合の良い/心地良い内容を聞いて精神の安定を図る。
  7. 不安感や葛藤を、無意識に抱えている。
  8. 「本当の悩み」を突き止められない。
  9. 占い=すべてが分かる、すべてを解決する便利屋 という勘違い
  10. 自分で考えず占いに丸投げ。が依存への第一歩?

占い・スピリチュアルにはまる、知っておきたい心理ランキング | ランキングシェア byGMO

 

私の母親は4や5がもっとも当てはまるような気がしますね。さすがに9,10まではいっていないと思いますが,何かを決めるときに背中を押してほしいというのもありそうです。自分でやっているのは良いのですが,息子や親せきにまで強要するのはどうかなと思う場合もあります。

 

これは私の母親ではなく,親戚のおばさんの話ですが,苗字が悪いということでそれを変える必要があるとのこと。そこで息子夫婦にも苗字を変えなさいと言ったところ,「なぜ今さら?」と断られたとか。

 

確かに約40年間使ってきた苗字を変えるなんてそんなに簡単にできるわけありません。結局,それはなしになったのですが,そういうことがあると息子夫婦との溝ができてしまいますよね。

 

他にもお金を何万円も払っている人がいるようで,意外と私の母はお布施が高いとか文句を言っているので,そんなに貢ぐということはないと思いますが,はまっている親戚もいるので,ちょっと心配ではあります。

 

幸い,我が家はそういう状況にはなっていませんが,スピリチュアルや宗教もいろいろな人たちがいて,いろいろ違うことを言うようですから,医者ではないですが,セカンド・オピニオンを聞いてから判断してほしいものです(それはダメか…)。