いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

横浜でも待機児童復活?

待機児童ゼロ宣言をした横浜市ですが,昨年10月には待機児童数が200人を超えたようです。そもそも待機児童ゼロではないという批判はありますが,それにしてもすぐに待機児童が増える現状は「いたちごっこ」と言われても仕方がないのかもしれません。

 

Yahoo!みんなの政治 - いたちごっこ続く、待機児童対策

 

 ――公約どおり、今年4月にはゼロになったのですが、10月の調査では再び231人に増加しました。いったい、何が起きたのでしょうか。

 

 待機児童ゼロを発表したために、子どもを預けて働きたいと希望する保護者が、さらに増えました。4月から10月の入所申込者数は、昨年度の3088人増に対して、今年度は3771人とおよそ1.2倍に増えました。ただ、申込者が増えている傾向自体は、より多くの女性が、子育てしながら社会で活躍しようとしている姿勢の表れでもあるので、心強く思っています。

 

 待機児童を2014年春に再びゼロにするために、認可保育所を新たに28カ所整備し、また「NPOなどを活用した家庭的保育事業」や「幼稚園預かり保育」などの受け入れ枠拡大にも引き続き取り組んでいきます。

 横浜市、「待機児童ゼロ」への限りなき挑戦 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

 

横浜市などの大きな自治体は良いのですが,財政的に厳しい自治体はなかなか保育所の増設も厳しいようです。そこは民間の力を借りるしかないのかもしません。

 

保育コンシェルジュなどソフト面に注目が集まりがちだが、市は二〇一〇年度からの三年で百四十四カ所の保育所を整備し、定員を一万人以上増やしている。保育所運営費と待機児童対策予算は、本年度までの四年で四割増えた。このまま入所者が増え続ければ、将来の財政悪化をもたらし、「保育所に入った子どもたちが二十年後に財政負担で苦しむのでは」と指摘する市議もいる。

 加えて、待機児童「ゼロ」宣言が注目を集めたことで、十月までの申込者数は前年比22%も増加。「ゼロ」は認可保育所に入れない「保留児童」から育児休業中の母子などを除いた数字だが、それすら来年四月の継続が厳しくなっている。

 ただ、全国を見れば、保育サービスなど「児童・家族関係」への社会支出は二〇〇九年で国内総生産の約1%で、2~3%台の欧州諸国より低い。社会保障給付費に占める児童・家族関係支出も一一年で5%と、高齢者向けの67%より少ない。こうした環境で一つの自治体だけで「ゼロ」を続けること自体に無理があり、社会の意識の転換が不可欠だ。

 「横浜方式」の全国展開は、ノウハウの提供で終わってはならない。国に保育士の待遇改善など予算の大幅な増額を求め、時の首長や政権に左右されない制度を根付かせるべきだ。

東京新聞:2013取材ノートから(11)横浜市の待機児童問題 「ゼロ」継続に財政の壁:神奈川(TOKYO Web)

 

 

 

 

どこかに金を回すとどこかを切らないといけなくなる。または増税せざるを得なくなるかもしれない。それでもなお子育て重視の姿勢がとれるかどうかということでしょう。

 

他にもこのブログで触れましたが保育士不足の問題があります。賃金の安さから特に男性の保育士はすぐに辞めてしまうようです。

 

住む場所でこんなに違う!!待機児童問題と保育士不足 - 研究者はつらいよ~研究者の子育てブログ

 

さいごに~横浜市民として

横浜市民として横浜保育室を利用しているものとしては非常にありがたい制度です。このような制度が広がって欲しいと思いますが,一方で,保育園によってさまざまな差が生まれてくるのも事実です。これからは保育園から選ばれる時代ではなく,保育園を選ぶ時代になるのではないかと思っています。

 

そのためには利用者も保育士も地域住民も納得できるような制度設計が必要でしょう。税金を上げる,利用料を上げる,これらも考えなければならない時がくるのかもしれません。そうしなければ持続的な子育て環境の改善はできないでしょう。

 

特記

そう言えば,最近,横浜市の保育園はどこもいっぱいだと聞きました。応募者が増えたのでしょうか?保育園は探しは本当に大変です。もし探されている方がいたら,あまり思いつめないでほしいと思います。