いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「やさしくない公共」と監視カメラ

「やさしくない公共」というのが神奈川新聞で連載され,横浜市在住として関係ある話題もあるので,記事にしたいと思います。

やさしくない公共(上) 街は悪意に満ちている 「最悪いす」の意味:連載 : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

やさしくない公共(中) 良いことを「強制」する それと見えない形の権力:連載 : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

やさしくない公共(下) 浸潤する「自粛」の圧力 自由は、国民の努力で保持:連載 : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

 

「やさしくない公共(上)」では公園の椅子から排除の思想を読み解きます。「やさしくない公共(中)」では横浜市営地下鉄を例に行動の統制を問題として提示しています。これに関しては以下の記事で触れているので,今回は言及しません(この記事では優先が必要な事例があることを指摘しています)。

優先的に利用できるようにすべきものって何でしょう? - 研究者はつらいよ~研究者の子育て&日々雑感

 

「やさしくない公共(下)」では「言論の自由」について取り上げています(今回はこちらも取り上げません)。それで,今回は最近書いた記事にも関係する「やさしくない公共(上)」について考えたいと思います。注目すべきところはここです。

 

 「人々の行動を無意識のうちに、物理的に統制している」。五十嵐は、公共空間が次第に不寛容の度を増していると感じる。疲れたら横になってもいいじゃないか、貧乏旅行者が寝ていてもいいじゃないか-。それを許さない「空気」が今、ある。

 

 分岐点は、95年の地下鉄サリン事件にあった、と五十嵐はみる。「それまで、ちょっと変わった人がいても、それが都市のにぎやかさ、豊かさだと思われていた。そこに冷や水を浴びせられた」。高まる防犯意識と引き換えに、異質な存在の排除にまで行き着く街の姿を、五十嵐は「過防備都市」と名付けた。

 

防犯意識から異質なものを排除する。その結果,自らが異質なものだと認定されないように行動することになる。最近,そういう話がありましたね。

 

声かけ事案は過剰反応か?~警視庁のホームページを見てみた - 研究者はつらいよ~研究者の子育て&日々雑感

 

このように明確な権力によってではなく,相互で監視する社会というのが「監視社会」であり,その問題は「強制されている」という意識がないところでしょう。あくまでもこうした監視社会は「あなたも監視されている」という前提があるわけです。それがプライバシーの侵害という問題として出てきます。

 

監視と言えば,最近,特に多くなったのは監視カメラ。イギリスでは市民の90%の人が監視カメラ導入に賛成しているようです。これって「やさしくない公共」ではなく住民にとっては「やさしい公共」でしょ?と思われますが,そこには様々な問題があります。

 

監視カメラ先進国である英国では、一見すると素晴らしい成果を上げているシステムのように思えますが、その裏ではさまざまな問題が発生しています。

 

 ウェールズ地区では、悪質なオペレーター(監視者)がお気に入りの女性を監視カメラでしつこく付きまとっていました。女性が公衆電話の近くに行くと、その公衆電話に電話をして誘うなど、ストーカーそのものの行為をしたとして逮捕されました。

 

 実際の運用が違法ではなくとも、「風紀を乱す者」を監視する傾向になったり(ホームレスや一部人種への差別を生む)、カメラ映像を濫用したのぞき見をしたりするケースもあります。警察の監視室から売春に携わる人物が頻繁に出現する映像を納めたビデオテープが発見されたこともあり、担当者が個人的にコレクションしたり、テープそのものが売買されたりしているといいます。

 

 統計上から暴力事件は確かに減少したものの、窃盗事件などにはほとんど効果がなく、強盗事件がむしろ増加したといいます(犯罪全体としては減少している)。また、監視カメラが設置されていない場所への「犯罪の移動」に過ぎないという意見も存在します。

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:監視カメラ社会の行き着く先は? (2/3) - ITmedia エンタープライズ

 

「運用上の問題」ももちろんあるわけですが,それがどこまで犯罪の抑止になるのかという疑問もあるようです。結局のところ,犯罪の抑止はある人が犯罪を犯す原因そのものを解決するわけではありません。

 

それで実際に起きた心配な事例が紹介されています。

 

 1つは、2001年1月30日にフロリダ州タンパで開催された第35回スーパーボウルでのケースです。タンパの警察は、観客のほぼ全員の顔画像を入口の手前で撮影していました。同時にその画像はデジタル処理をされて警察のセンターで照合されていたのです。観客に対して事前に撮影の告知がされず、一部のプライバシー擁護団体からは抗議が起きました。

 

 10万人以上のデータを照合し、この中から19人の犯罪者を逮捕できたと警察は自慢していましたが、内訳はスリやダフ屋などでしかなかったといいます。プライバシーと治安、セキュリティ対策をどこまで講じることが合法なのか、このケースでは大きな議論が展開されたようです。

 

 もう1つは、2008年10月のニュース記事です。米国の一部空港に導入された「全身が透けて見える搭乗検査装置」を欧州でも導入を検討しているというもので、わたしはテレビで米国の検査装置を見ましたが、本当に丸裸になってしまい、自分がこの装置にかけられるのはさすがに恥ずかしいと思ったものです。

 

 

 この装置で自分の全身が映るのだとして、その画像が万が一流出して、売買されるようになった本人はどう感じるのでしょうか。特に若い女性なら、少なくともパスポートや搭乗券も同時に確認されていると、名前を明かして裸になるのと同じようなものです。苦痛に感じる人がいるのではないでしょうか。

会社に潜む情報セキュリティの落とし穴:監視カメラ社会の行き着く先は? (3/3) - ITmedia エンタープライズ

 

「プライバシーの問題」と「治安の問題」という対立軸では議論は平行線を辿るだけではないでしょうか?つまり「自分のプライバシーが侵害されても(侵害されたと思っていない場合も多い),治安が維持されればよい」という人と「自分のプライバシーが許可なく侵害されるのは許せない」という人との争いになると,立場によって結論は違いますという話になってしまいます。

 

例えば今回の川崎の事件。当然,以下のような違和感を示す方もいるわけです。

 

映画監督・森達也さん

 

◆違和感持って発信を

 -逮捕された後も、容疑者の足取りや居場所についての報道が続いている。

 

 「一言で言えば大脱走劇。ある意味、ドラマチックです。だから大きく報道されたのでしょう」

 

 -「怖い」「捕まって安心した」といった市民の声が繰り返し流された。

 

 「メディアが不安と恐怖を強調したがるのは、視聴率や部数が上がるから。言い換えれば、それもマーケットが求めるからです。その結果、危機意識が高揚し、悪い奴(やつ)らはどんどん捕まえろという空気が醸成されていく」

 

 「日本の防犯カメラ設置台数は世界でもトップクラス。僕は防犯カメラがそこら中にある社会は気持ち悪いと思うけれど、安心と感じる人が多いようです。日常が監視されているという危機感が薄い。やはり、それを上回る不安や恐怖が強くなっている表れなのかもしれません」

 

 「マスコミも営利企業なので仕方ない部分はあります。でも報道する側はどこかで、違和感を持ちながら発信してほしい。今回のケースだって、容疑者が移送される様子を生中継するほどのニュースか、冷静になって考えるべきです」 

 横浜地検川崎支部逃走事件、「劇場型報道」問う/神奈川 (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

 

私もこの意見に賛成する部分は多いですが,,一方で私の自宅の近くで起きた逃走劇であり,しかも自分には子供がいますから,「捕まって良かった」というのは正直な感想です。もし防犯カメラに反対するのであれば(それが犯罪の抑止に効果があると信じている人がいる以上),それに変わる治安維持のための手段を提示していく必要があるかと思います。いかがでしょうか?

 

参考

ちなみに検挙率については以下のような意見があるようですので,検挙率が下がったから治安が悪化したとは必ずしも言えないようです。

 

(1) 検挙率は、犯罪の発生件数に対する割合ではなく、認知件数に対する割合だから、 認知条件を変更すれば、変化する。 具体的に、比較的小さく、しかも検挙に至らない可能性の高い事件(痴漢など)について、 広く申し出てもらうようにして、必ず認知(受理)すると、統計上の犯罪数(認知件数)は増加し、検挙率は減少する。

 

統計的に意味のある議論のためには、「殺人事件」のように事実が分かれば必ず認知される「母集団にあいまいさのない標本」を使わなければならない。

 

(2) 検挙率には、事件の重みづけが含まれない。

 

例えばの話、 「複雑な巨大犯罪」1件を無視して「お釣りを10円ごまかされた事件」1万件をしつこく捜査し90%検挙すれば、統計上の検挙率は上がるが、 「お釣りを10円ごまかされた事件」を全部放置して「複雑な巨大犯罪」1件の解決に全力を挙げれば、統計上の検挙率は激しく下がる。 しかし、リソースの有限性という現実を踏まえるなら、後者の方が合理的だ。 

 http://deztec.jp/x/10/faireal/d60528a.xml