いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

自分の体に戻りたい~授乳中の女性の叫び

以下のエントリーが好評のようですね,私も読みました。

 

育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。 - ほう太パパの七転び八起き

 

私も産後クライシスや育児ノイローゼに関してはいくつか記事を書いていますので,今回は夫婦間の問題ではなく,妻の友人から聞いた話から育児中の女性の気持ちについて迫ってみたいと思います。

 

しかし私は男性ですので,授乳中の女性の気持ちがはっきりと分かるわけではありません。しかし,以下の話を聞いたとき,「そういう気持ちになるものなんだ」と考えさせられましたし,そういう感覚になるのかもしれないとも思えました。

 

妻の友達は現在子どもが二人いて,一人の授乳が終わったらもう一人が産まれ,すぐに授乳再開。一人と二人とでは雲泥の差で,うまく体を休めるということができないという状況です。

 

旦那さんとしては子どもがたくさんほしいので,下の子が1歳になったら次の子が欲しいとのこと。奥さんも子供がたくさんほしいのですが,少し間をあけたいと言って夫婦間の意見が合わないそうです。

 

奥さん「体が大変だから少し間をあけたい」

旦那さん「でももっと年をとったら今より大変になるんじゃないの?」

奥さん「あと,私,自分の体に戻りたいの」

旦那さん「?…」

 

最後の言葉。これは旦那さんには理解されないようです。授乳をしているとおっぱいが自分のおっぱいでなくなって,子供のおっぱいになり,自分のものではないという感覚になるとのこと。それで自分の体に戻りたい。そう言っているんです。

 

こういう身体的な問題はある程度理解できますが,結局,男性には分からないのかもしれません。私の妻も2歳まで授乳していましたが,その前におっぱい辞めたいと言ってました。それは夜授乳するのが大変だというのもあるのですが,2歳児の子供に授乳することに違和感が出てきて,自分の体を差し出すことに抵抗感が出てきたようです。

 

我が家の場合,その後すぐに卒乳できましたが,妻の友人はまた3人目を妊娠すると授乳期間がずっと続くわけです。自分の体を道具として差し出すことに疲れ,自分に戻りたいと思うのも当然なのかもしれません。

 

男性には授乳も妊娠もできません。そういう性別の差というのを前提にすれば,理解できることと理解できないことがあるのは当然です。そういう前提をまず共有することが必要なのではないでしょうか?そんなことを思わされた出来事でした。

 

最初の記事に戻りますが,アイスを買うというのはあくまでも問題に対処する方法ですので,それで問題は解決しません。なぜそういう問題が生じているのかを考えた方が良いのでは?と思いました。どうでしょうか?