いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

東洋経済は働くお母さんに何を伝えたいのか?

以下の記事を読みました。結局,本の宣伝ではないかという批判は置いておいて,東洋経済は「すごすぎる母」を紹介することで働く母親をどうしたいのでしょうか?記事の中身から紹介していきます。

 

なぜ「すごすぎる母」ばかり、記事になるのか | ワーキングマザーサバイバル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

読者の皆さんが、「世のワーキングマザーはもっと普通ですよ」「なんで、普通のワーママを取り上げないの?」「どの方もすごすぎて、正直、引きます」と、いぶかるのはごもっともだと思う。

 

だが、結論から言うと、当連載は意図的にすごいワーキングマザーばかりを“選抜”しているわけではない(そもそも、そんな偉そうなことができる立場にない)。筆者である私や、担当編集者である吉川さんも、当連載を「凄母限定」にする意図など何もない。

 

では、どうして、すごいママ社員ばかりが登場するのか?

 

(省略)

 

それは、ズバリ言って、企業側の意向だと思う。

 

そうでしょうね。企業としてはこういう風に頑張る母親を我が企業は応援していますと伝えたいでしょうから。それが東洋経済のスタンスであればそのように徹底するれば良いのですが,その徹底をせず,企業はこのような働く母親になって欲しいというイメージを個人に押し付けているのではないかという批判を挟んでくるわけです。

 

「ワーキングマザー・サバイバルに登場するすごすぎるお母さんたちは、皆さん、子どもの教育問題に悩んでいませんでしたか? 私は、仕事に注力することが、子どもに犠牲を強いることにはならないかと、そればかりが心配で仕方がないのです……」

 

(省略)

 

この問題を、ワーキングマザーの個人の努力で、乗り越えるのは荷が重すぎるし、はなからムチャだ。

 

(省略)

 

一時期、子育てに注力することで、たとえ一時的に、一線から退いたとしても、子育てがひと段落した後、再び、一線に戻るチャンスが与えられる会社――。つまり、社員のライフイベントに応じて会社に出たり入ったり、仕事のペースを上げたり下げたりができる会社。

 

そんな組織なら、どんなライフスタイル、生活状態にある社員でも、仕事にやる気が持ち続けられるのではないか。

 

ということで企業はこうあるべきだというメッセージを発するわけですが,それは企業に言うべきではない?と思うわけです。働く母親に言われても困りますよね。ここで東洋経済は働きやすい職場環境を作るためにこのような連載をしているのだと結論付けるのは早計です。最後まで読むと,やはり企業批判ではなく働くすごい母親になることを勧めていくわけです。

 

もっとも、従業員側も、ただ、組織に会社に、こうして欲しい、ああして欲しいと、要求するだけでは、「権利主張型」「ぶらさがり社員」など、不名誉な称号を頂くことになってしまう。

 

 

家庭責任を負うために仕事をペースダウン中の従業員も、意識を高く持つことが必要だろう。

 

(省略)

 

これは、DeNAのファウンダー、南場智子さんが言っていたことなのだが、「仕事時間中は全力で仕事に向き合う」ことが重要なのではないか。

 

南場さんは、一時期、ご主人の闘病を支えるために、社長を退任し、在宅勤務と時短勤務を取得して働かれた。

 

このように家庭の事情で仕事の時間を短くせざるをえない場合は、「産む性」である女性に限らず、誰だってある。そんなときでも、キャリアをあきらめる必要はない。ただ、働いている間は、仕事に集中するべきだ、と。

 

では、具体的に、どのように仕事に取り組めば、集中して結果が出せるか? あるいは、専業ママに比べて子どもと向き合える時間が少ない、ワーキングマザーの子育ての極意はあるのか?

 

「ワーキングマザー・サバイバル」は、今後も、そんな具体的な手法をできるだけ詳細にリポートしていきたい。

 

で,結局すごい母親がいますという紹介に今後もなるわけしょう。それでこれは働く母親への応援メッセージにはならないですよね?本当に苦労している母親はこれを見て「自分はできない」と落ち込むだけではないですか?

 

これが企業から紹介されるできる母親を紹介する企画なのならば,そのように徹底すればいいだけの話で,以下のような言いわけは無用だと思います。

 

だが、結論から言うと、当連載は意図的にすごいワーキングマザーばかりを“選抜”しているわけではない(そもそも、そんな偉そうなことができる立場にない)。筆者である私や、担当編集者である吉川さんも、当連載を「凄母限定」にする意図など何もない。 

 

一方,北條かやさんが福井モデルという働く女性のモデルを批判していました。そこで北條さんは,これが理想のモデルではないとしているわけです(そもそも理想のモデルなんてあるの?という話なわけですが)。私も田舎の出身ですので,働く女性のイメージはこれに近いものがあります。

 

「祖父母に子育てをサポートしてもらい、行政サービスも利用しつつ、男女ともに正社員で働く」。そんな福井モデルの前提は「男女平等」というより、「母親が外で働くと同時に、家事育児もこなすのは当たり前」という考え方です。これは福井のほか富山、石川、新潟、鳥取など日本海側の、元農村地域でより深く浸透している価値観。いわば古き良き日本のムラ社会的な考え方です。

 

これらの地域では、女性の労働力がはじめから世帯収入として期待されています。福井には「働いていないと周りから遊んでいるとみられる」という女性が多いのも納得です。

 

高度成長期、そんな農村の「古い価値観」を嫌った次男や三男は、都会に出てきて核家族を作りました。妻は専業主婦となり、企業戦士の夫を支える。これが戦後の「新しい理想の家庭像」でした。

 

福井モデルはいわばその正反対ともいえます。ヨメが専業主婦なんてとんでもない、子供を産んでもすぐ職場復帰。三世代同居で両親には気を遣い、毎日へとへと。もちろん夫も働くけれど、家事育児はあまりしてくれません。 

 少子化:もう「福井モデル」の崇拝は止めませんか

 

 

実際こういう田舎で頑張っている母親を紹介した方が「すごい働く母親」に適すると思いますが,どうですか,東洋経済さん?

 

 

凄母(すごはは) あのワーキングマザーが「折れない」理由

凄母(すごはは) あのワーキングマザーが「折れない」理由