いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「ゆとり世代」に伝えたいことって何ですか?

今日は世代問題の連投になってしまって大変申し訳ありません。どうしても突っ込みたくなってしまったので申し訳ありません。子育て関連ではありませんので,そちらをご期待の方はそっと閉じてください。

 

ゆとり世代」に向けたメッセージ記事を読みました。私自身はゆとり世代ではありませんが(この方と同い年です),「ルールを守れ」と言われたり,「常識に囚われるな」と言われたりして非常に大変な世代ではないかと思っています。こういうことを同じ人が言うこともあるので,さらに困るところです。

 

それで今回の記事で引っかかるのは以下の点です。この記事ではゆとり世代との対話を通して気づいたことが書かれています。それは以下の点です。

 

彼らとの対話で感じたのは、彼らが

 

・ 社会は機能性・合理性だけではなく、一定のプロトコール・規範のもとで動いていること

・ 自分とは違う世界観をもった人たちがたくさんいて、一つの正解があるわけではないこと

・ いい仕事をするため、自分のやりたいことを実現するためには、その共通言語に沿ったコミュニケーションが不可欠となること

 

 

に、必ずしも気がついていないということだ。

「ゆとり世代」に気づいて欲しいこと

 

まあ要するにルールを守って信頼を勝ち取る必要があるという最もな話な訳ですが,さぞかしひどい発言をゆとり世代がしたのだろうとみてみると,実際の内容は以下のものなのです。

 

「会社にビーサンで通勤しちゃダメと言われた。なぜ?」

「社内の飲み会でなんで先輩にお酌しなくちゃいけないの?」

「私は事務職だから外部の人に会うことはない。なんで化粧しろって言われるの?」

「大企業を選んだお前は安定志向だと言われるが、大企業が安定なんて思ってない。なんで上の世代はそう思うの?」

「自分は目をみてハキハキ挨拶するが、なんでみなPC見ながらしか挨拶してくれないのか?」 

 

これ読んで上の三つの結論になりますか?当てはまるのって1つ目と2つ目ぐらいでしょう。で,実際にその後の展開はドレスコードとお酌の話になるわけです。

 

もちろん、本当に自分にとって大切なことであれば、守る必要はない。ビーサンで通勤することが自分のアイデンティティなのであれば、お酌をしないことが自分の信念であれば、それを許す会社を選べばいい。でも、そこまでではないのであれば、本当に大切なものを守ったり、いい仕事をするためにも、いろいろと気を使うことが必要となろう。 

 

おそらくこれっておかしいと思いつつも「ゆとり世代」はそれをやっているわけで,すでに「気をつかっている」わけですよ。そういうことに疑問を持ちながら会社内でやっているわけです。そうでなければ会社内で生き残ることなんてできるわけがありません。それなのになぜこのような話の展開になるのでしょう。

 

それで極めつけはこれです。

 

翻って考えると、これって、「ゆとり世代」ではなく、いつの時代も若手は同じなのかもしれませんね。ただ、今の若手は情報量が多いので、常識にそまらず、色々と自分の頭で考えて「おかしい」と問題意識を持っているということなのだろうか。

 

 

皆さん、ハキハキと発言をし、やる気に満ちた素敵な若者でした!将来を期待しています。

 

そうです,若手は「おかしい」という問題意識を持っているんです。でも実践しているわけではありません。それで疑問なのですが,結局,「ゆとり世代」に何を気づいてほしかったの?