いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

怒鳴ることが悪いのは分かっていますが…

怒鳴ることはだれもが避けたいはず。でもなかなか感情をコントロールできない。それは当然だと思います。子どもが言うことを聞かない。自分の意志がはっきりとしてきてできもしないのに「これがやりたい」と愚図る。「もういいかげんにして!!」と怒鳴ることは仕方のないことです。

 

もちろん以下の記事にあるような怒鳴ることの弊害もご存知だと思います。

 

親が子供を怒鳴る弊害 - WSJ.com

 

ピッツバーグ大学で心理学・教育学を専門とするミンテ・ワン准教授が主導して中間層の若者とその親976人をアンケート調査したところ、親に「とげとげしい言葉」でしつけられた10代の若者は、そうでない若者より行動障害やうつ病といった症状に陥りやすいことが判明した。この調査結果は昨年9月にネット上で公開された。

 

 また別の調査は、子供を平手打ちするより怒鳴る方が後々悪い結果を招く、と指摘する。ブラウン大学で精神科と人間行動学を専門とするステファニー・パレード准教授が8歳児を15年間にわたって追跡したところ、親に怒鳴られてしつけられた子供は23歳になったとき、そうでない子供に比べてパートナーや配偶者と幸せな関係を築けていないことが多かった。パレード准教授は「怒鳴る親は子供に感情の調整方法を教えそびれているかもしれない」と語る。

 

確かに親に怒鳴られて育つと大人になった時に何らかの弊害がでるのは間違いありません。私の妻がそうで,感情をうまくコントロールできないことに悩んでいます。それは父親が怒鳴ってばかりいたせいだと思われます。

 

それでこのような弊害は分かった上で,親はいったいどうしたらいいのでしょう。この記事では以下のように書かれています。

 

親は感情が爆発する前にその気配に気付き、緊張を緩める方法を学ぶべきだ。爆発の兆候としては、喉や胸の圧迫感、浅く速い呼吸、歯やあごの緊張、自分についての否定的な考え、圧倒される感じが挙げられる。

 

 そうしたときには深呼吸をしたり、愉快な情景を思い浮かべたり、10まで数えたり、部屋を出て行ったりすると、気持ちが落ち着く。親の怒りについての「She's Gonna Blow(仮題:彼女は爆発する)」の著者、ジュリー・バーンヒル氏は、「今日は惨めな一日だったけれど、ここで怒ればもっと惨めになる」と考えることで自分を落ち着かせるよう助言する。

 

 「No More Perfect Moms(仮題:もはや完璧な母親はない)」の著者、ジル・サビジ氏は、牛乳をこぼしたりジャケットをなくしたりといった小さな不運の克服に毎日一定の時間を充てるよう勧める。「夕食後の後片付けの時間が20分あれば、私はこぼれた牛乳を片付けるわ」と語る。

 

 ファーバー氏は、子供に話しかけるとき、主語を「あなた」から「私」に変えることを学べば怒りの攻撃が教育の時間に変化する、と語る。「最初にあなたが嫌なことを告げ、次にあなたが好きなことや期待していることを伝えるのです」。

 

 サビジ氏は、多くの親は子供に非現実的な期待をしているために爆発してしまう、と指摘。「子供たちには"年相応の振る舞いをしなさい"と言い、彼らはその通りにしている」。子供に完璧を求めなければ欲求不満にはならないはず、と語る。そうすれば子供の失敗を子供の学習機会と見なせるようになる。

 

分かりますよ。でもそんなに簡単にいかないんですよ。イライラが一回ならこのような方法が取れます。でもそれが立て続けに起こるととてもではないですが耐えられません。だから怒ってしまった時にどうすべきかを学ぶ必要もあるわけです。

 

 バーンヒル氏は、感情を爆発させてしまっても後で謝れば親子関係を修復できる、と語る。彼女自身、娘が10代のときに、その数年前に感情的になったことを謝罪した。娘に「あなたを怒鳴ったのを覚えているわ。本当にごめんなさい。愛しているわ」と伝えた。

 

 娘のクリステン・ドローガンさん(25)は、怒鳴られたことを覚えていなかったけれども母親に謝られて涙が出た、と回想する。「母が私の気持ちを大切にしてくれていることがわかったから」だという。

 

この部分が一番重要で怒ってしまった後にどう謝るかが重要なのではないでしょうか。妻はいつもそれができていて感心してしまいます。もちろんそもそも怒らなければいいのにという意見はあるのでしょうけど,四六時中子供といて怒らないなんて日があるとは考えられません。特に子供の数が増えてきたらそうなってしまうでしょう。

 

後でふと自分がダメだあと思って後悔したり,落ち込んだりしながら,育児はしていくのではないでしょうか。自分が間違ったら素直に謝る。これは親であろうと子どもであろうと良い人間関係を保つために必要なことだと思います。

 

そんな育児の日々を送っている我が家です。みなさんはどうでしょうか?怒鳴ってますか?それとも怒鳴ったことなんてありませんか?

 

 

お母さんの心がラクになる!怒らない子育て

お母さんの心がラクになる!怒らない子育て