いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

性格を変えることの難しさ~弟の場合

やっと中学受験が一区切りして落ち着いた生活が戻ってきそうです(戻ってきてほしいという希望です)。中学受験がある期間はほとんど家にいないので,私は妻の手伝いができません。さらに今回,息子が発熱し,発熱後,機嫌が悪くなるという地獄の日々が予想されました。

 

それで,今回,私の母親に手伝ってくれるように要請し,来てもらいました。これは第二子を妊娠・出産した際のシュミレーションも兼ねていました。なぜそう考えるのかというと,妻の母親は今でも仕事をしているので,長期にわたり,手伝ってもらうことはできないからです。その結果,頼るのは我が母しかいないという訳です。

 

それがどうだったかというのはまた後日報告しますが,この滞在期間中に妻と母が弟のことについて話したようです。

 

私の弟は現在,職についていますが,以前は引きこもっていました。

ひきこもりからの脱出~我が弟の場合 - 研究者はつらいよ~研究者の子育て&日々雑感

 

それで現在は婚活中。でもそれがうまくいかない。そこで自分を変えようと頑張っているとのことでした。まあでもなぜ結婚したいの?と聞いても答えられないと思います。おそらく順番が逆で,婚活を自分を変えるきっかけにしたいと思っているのでしょう。

 

私の母は弟のことをとても気にしています。引きこもっていたからというのもあるのですが,三人兄弟の二番目で,弟は今までずっと我慢してきたと思っているようです。それで我慢の結果,もういいやとすぐになってしまうとのこと。

 

例えば「俺は60歳ぐらいでぽっくり死にたい」とよく話す弟。「○○がしたい」というのに結局やらない弟。それはすべて我慢してきた結果だということだと思っているようです。それで,母は「いつも我慢して人生を投げやりにならないで楽しく生きてほしい」と弟に言ったそうです。それに対して弟は「分かったようなこと言うねえ」と返答。母は「あなたのことが全部わかっているわけではないけど,そう思う」と伝えたそうです。

 

弟も何かを変えなければならないとカウンセリングを受けたりしているようですが,なかなかうまくはいっていないようです。ただファッションはかなり改善され,結構良いものを着ていたり,身に付けたりしています。兄としてはそんな弟の変わり様にびっくりなのですが…。

 

また今回,私たちが実家に帰省した際,以前はうちの妻とほとんど話さなかった弟が挨拶をしたり,私の息子と遊んだり,獅子舞のプレゼントをくれるなど大きな変わり様を見せました。このようになんとか自分の性格を変えようとしている弟なんです。

 

最近は「座禅がしたい」と言ったので,母が座禅ができる場所を紹介したら,「なんでそんなところに行かないといけないんだ」と切れるという意味不明な展開があったようです。自分でもどうしたらいいのかと,もがいているのでしょうか…。それで母親に八つ当たりしているという部分もあるわけです。

 

弟は基本的にやさしいやつで母にも私の息子とスカイプができるようにとipadをプレゼントしたんです。でも母は設定なんてできません。となれば弟が設定をしなければならないわけですが,自分でプレゼントしているのに設定するとなると,怒りながらやるという弟。ちょっと聞くだけでも弟が怒るので,我が家に電話がかかってきて,どう設定すればいいか聞かれるわけです。でもこっちから電話だけで設定なんて無理な訳です。なんとかipadの設定はできたわけですが,今度はスカイプの設定が…。まあ大変でした。

 

そんな弟が性格を変えるためには,自分を変えたいと考え,それを行動に移し,実行し続けることしかないのでしょう。しかしそれはとても難しいことであり,苦しいことだと思います。それって自分と向き合う必要がありますからね。だから母親にも八つ当たりしたくなるのでしょう。

 

何とか性格を変えたいと思っている弟。それが実現できればいいなあと思う兄でした。でもこればっかりは手伝うことはできないですからね。難しいところです。いつか性格を変えて結婚もできるといいな。

 

おまけ

以下は性格を変えることについてのまとめサイトです。参考までに。

 

思い通りの人生をつくる!"性格"を変える方法 - NAVER まとめ

 

 

 

性格は捨てられる

性格は捨てられる