いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

出産する前にやっておきたいことを7つあげてみました

以下の記事のタイトルから出産する前に準備しておいた方がよいことを書いてあるのかなと思ったのですが,内容は仕事のことが多く残念。そこで今回は出産する前にやっておいた方がいいことを第1子の出産経験を踏まえて書きたいと思います。これは第2子の時に生かそうと考えていることです。

 

妊娠が分かって出産するまでの200日間にやったこと、やっておきたかったこと : ライフハッカー[日本版]

 

1.事前に準備すべきと本に書いてあるものはとりあえず準備しておく。

以下のような本を参考にして,準備すべきものは準備しておいた方が良いと思います。特に服・オムツやタオル・ハンカチは必要以上に使います。洗濯もそんなに頻繁にできないので,枚数がかなり必要になります。あとおしりふき。実はこれを使いすぎるとおしりの肌荒れがひどくなります(うちの息子はそれで皮膚科にお世話になりました)。なるべくお風呂で洗ってあげる方が良いようです。

 

 

2.よいおっぱいマッサージの場所を探しておく

おっぱいトラブルが一番きついです。マッサージや授乳指導がしっかりしていない産院で出産した場合,トラブルになっても相談できないので,よい母乳マッサージの場所を探しておくのが良いでしょう。

 

うちの妻は最初の1カ月,おっぱいがうまくでなくて,本当に大変でした。おっぱいが出ない上に,乳頭が裂ける。もう授乳がつらいということでミルクに変えようと思った時に,近くで評判のマッサージの場所を見つけることができました。その助産師の第1声は「あなたのおっぱい,死にそうだね」でした。

 

そこでマッサージをして乳腺が開通し,その後の授乳が楽に。本当に命拾いしました。その後,乳腺炎になった時も助けてもらい,こういう場所が近くにあってよかったねと思ったと同時に,もっと早く知っておけばと後悔したものです。

 

3.人手を確保しておく

少なくとも1か月先までは誰が手伝いに来てくれるのか,旦那さんはどのようなスケジュールで動くのか確認しておく必要があります。いろいろなトラブルが発生するので,人手は多い方が良いです。

 

私達の場合も実家の両親に車で来てもらい,足りないものをいろいろと買い出ししてもらいました。最初は搾乳機を買いに行ってもらいました。「人がたくさんいると育児は楽だね」と実感したものです。

 

4.近くの育児支援の場所を確認しておく

出産した後,一人で育児をしているとどうしても辛くなります。これは育児の大変さだけではなく,ホルモンバランスも崩れるわけですから,どうしても精神的に不安定になります。そういう時に育児支援の場があると悩みを共有できて,精神的に楽になります。子どもが欲しいと考えているなら,妊娠する前からどのような育児支援がなされ,どこに育児支援をしている場所があるのか確認しておいた方が良いでしょう。

 

5.保育園について把握しておく

働いている方は0歳児で保育園に預けるのですが,保育園がない,定員に空きがないということがあり,出産して初めてそのような事態に気づくということがあるわけです。「保育園に入るのってこんなに大変だったの!!」と出産して初めて気づいてもどうしようもないという状況になります。妊娠中と言わず,結婚してから新生活をスタートする時に確認しておく方が良いのかもしれません。特に新しく開園される保育園は狙い目なので,そういう情報をしっかりと把握しておく必要があります。

 

6.病院を探しておく

新生児は病気にかかりやすいので病院を探しておく必要があります。できるのであれば病院の評判をしっかりと把握しておく必要があります。私達の場合,近くの皮膚科でとても不快な思いをしました。「病院はしっかり選ばないとね」というのが妻との結論です。また新生児の際の予防接種スケジュールは過密です。いつ何を注射すればいいのかよく分からなくなります。私たちが行った病院は看護婦さんがすべてスケジュールを組んでくれましたので,スムーズに予防接種が終了しました。

 

7.旅行しておく(妻の希望)

子どもが産まれるとしばらく旅行はできません。それどころか外に出ることもままならない状況になります。外に出られなくなく奥さんのために近くでも良いので旅行しておいた方がいいかもしれません。

 

最後に

思いつく限りのことを書いてみました。他にもやっておくべきことがあるかもしれませんが,私たちが特に苦しんだのは2です。これは本当に大変でした。ですので,2は最重要事項です。今回の第2子はこの心配がないだけでも気が楽です。出産後,大変なことはいろいろあるわけですが,準備できることは準備して出産後に備えましょう!!