いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

結婚には良いことも悪いこともあるわけで

結婚について書いてある記事。「結婚ってしなくてはいけないの?」「結婚が本当の幸せなの?」という問題提起ですが,「しなくてもいいです」「結婚だけが幸せではありません」で終わりのはずなのに,それでもなお悩んでしまうのはなぜなのでしょうか。

 

30代になったばかりの大手企業に勤めるA子さんは次のように話します。「周囲に、結婚しないの? って最近良く聞かれるけど、むしろ晩婚で良い。1度きりの人生を今から誰かに縛られて、好きなことができなくなるのが義務だというならば、これまでしてきた努力はいったい何だったの? ってことになる。これからの人生を自分らしく生きられるかどうかは、明らかに今の仕事の頑張りにかかっているし」と志の高さを述べ、

 

 

「それに、早期退職した女性の多くは、キャリア系と比べるとどうしても締りのない身体になりがち。それはジムに行ったところで改善できるものでもなく……年齢が若いのに結婚した途端、完全にオバサンと化す人が多くなるのは不思議だわ。彼女たちが主婦になって幸せなのはわかるけれど、それは私の価値観ではないのよ。ただ、それだけのこと」と、結婚後の自分の姿も想像して、失望するようです。

結婚って妥協してもしなきゃいけないの? 悩む30代独身女性のホンネ – Be Wise Be Happy Pouch[ポーチ]

 

このように結婚のマイナス面が語られているわけですが,それをまとめると以下のようになります。

 

  1. 誰かにしばられたくない(キャリアを無駄にしたくない)
  2. 体型が崩れる
  3. 結婚してよかったという人がいない

 

こういうのを見て「そこまでして結婚しなくていいでしょ?」となるはずなのに,結婚した方が良いという社会的圧力の責任にして「結婚しなければ」と思うようなのです。

 

「周囲がどんどん結婚していく中、やっぱり自分も皆と同じことをした方がいいのかも、とも時々思います。結婚する男女の年齢差を考えると、男性はある程度年齢が高くても、若い女性と結婚するなんてザラですし。女性は子供を産まなくてはならないから、やはり母体は若い方が良いというのもわかります。ただ結婚できない一番のネックは、色んな男からアプローチされても、誰とも結婚後の想像ができないこと。デキちゃった婚でもして、もう妥協するしかないのかな。世間体のために結婚……それもまた違うような」。

 

心の中では、元気な赤ちゃんを産むためにも、すぐにでも結婚はした方が良いのはわかっている。だけど、結婚すなわち人生の妥協につながるという、深刻な思いもあるようです。女性たちの複雑な胸の内、一番良い解決策は、いつかやってくるのでしょうか。せめて独身女性たちが、好奇の目で見られるという風潮がなくなり、堂々と胸を張って生きられるようになって欲しいと、同じく独身の記者は切に願うのであります。 

 

最後のまとめどうなの?と思うわけです。子供が欲しいだけなら結婚する必要はない。社会的風潮なら無視すればいい。一度も正社員になったことが私はそういう圧力を無視することに成功しております(笑)。社会的風潮のために妥協して結婚なんてしても幸せにはならないでしょう。

 

独身女性に対する好奇の目があるのは確かなのかもしれませんが,結婚したければすればいいし,したくなければしなければいいのです。おそらくそういう風潮に流されてしまうのには,社会的な圧力以外にも結婚そのものに対する思いがあるからではないですか?(それが親のためであってもです)。

 

もちろん結婚生活,育児生活が良いことばかりではありません。それでもなお「ああ結婚して良かったな」「子供が持てて良かったな」と思う時があるわけです。結婚しなければ別の人生が用意されていたのと同様に,結婚しても別の人生が用意されており,どの道も楽しいことも苦しいこともあるのです。私はそう思うわけですが,どうでしょうか?

 

 

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)