いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

お受験優先でセックスの仕方が分からないわけではない

以下の記事を読んで,「これって本当なの?」と思ったので紹介します。

 

 東大卒同士、国家公務員同士のさるエリート夫婦が、ある日2人そろって性感マッサージ師のもとを訪れた。その理由は、なんと「セックスの仕方がわからない」というものだったという。2人とも20代後半、育ちは良さそうだが表情に乏しかったとマッサージ師は振り返る。

 

「お互い処女と童貞で、周りから子どもをつくれと言われたものの、2人とも自分の性知識に確信が持てないと言うんですよ。説明したらダンナのほうが、『やってみるから、そばで入れる場所と入れ方を示してほしい』と言うんです」

 

 結局3人でホテルへ行き、マッサージ師は2人にセックスをさせて監視と指導をした。ダンナのペニスを持って「ここですよ。奥さんのここにこう入れて、こう動かして……そうそうその調子!」と。

 

「なんだか動物を交配させてる気分でしたね」

 「顔射が普通と信じてた」お受験優先で性意識に歪みも 〈AERA〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

 

このようなエピソードが乗っていて「お受験優先で性意識に歪み」と言われているけど,お受験する人ってどれくらいいるか分かっているんでしょうか?たとえば中学受験で考えてみましょう。受験者の割合は首都圏では14%程度です。さらに以前に比べ,偏差値40~50程度の学校であれば合格するのは楽です。なぜなら受験者数が減っているのにも定員は増えていっているからです。

 

f:id:gerge0725:20140415103318g:plain

緊急分析 2013年度首都圏中学入試の動向:2013年中学入試特集/受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

 

また大学受験についても同様で,ここでは東大出身者の事例が出ていますが,それが限定的な事例であることは確かでしょうね。それでもなお性意識の歪みについて論じたいのであれば,他の原因を探るべきです。

 

以下の大学生の意識調査でおもしろい結果が分かります。この結果を見ると,男性の場合,ビデオやDVD,マンガやコミックで知識を得ている男性は多いのですが,実際にはそれが役に立たないと分かるわけです。

 

f:id:gerge0725:20140415104202g:plain

http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/2990/1/r-sbk-ky_014_016.pdf

 

男性の場合,友人とインターネットが役に立っている割合が多いですね。経験者の話を聞くのが一番役に立つのでしょう。確かにビデオやDVDは役に立たないだろう。

 

ですから男性の性意識の知識を歪めているのは受験ではなくビデオ,DVDではないですか?実際にAV男優の方が言っているではないですか。

 

 「僕はセックスのクライマックスって、相手女性の顔に精液をかける『顔射』だと信じていました。中1から見始めたAVではそうやってましたから」

 

 そう語るのはAV男優のしみけんさんだ。しみけんさんは小1から塾で頭にハチマキを巻き、「有名中学合格するぞ、オーッ!」と叫ぶような、お受験生だった。学校で「精子卵子の生殖ドラマ」は学べても、セックスの仕方はだれも教えてくれないし、湧き出る性欲の抑圧手段も五里霧中だ。男の子たちの性は孤独にゆがんでスタートしているのが現実なのだ。

 「顔射が普通と信じてた」お受験優先で性意識に歪みも 〈AERA〉-朝日新聞出版|dot.(ドット)

 

この結論を読むと受験と性意識を結びつけるのがいかに無理筋であるか分かると思いますけど,どうでしょうか?

 

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス