いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

収入源はたくさんなければ生きられない

以下の記事,ブログ飯の話を読みました。「思い切る人もいるもんだ」と思ったし,大丈夫なの?とも思ったわけですが,結局辞めるという結果になったようですね。

 

一昨日のことなんだけど、嫁に「会社を辞めてブログで食べていく」と告げました

昨日の今日だけど、やっぱブログ飯に挑むのはやめることにした

 

ここら辺の流れに関してはcardmicsid:cardmics)さんのブログに詳しく書かれています。

ブログで飯を食っていくことって、想像するよりもストレスだらけな世界であるという話。好き勝手に文章を書いて、気楽に稼げるわけではありません。 - クレジットカードの読みもの

 

cardmicsid:cardmics)さんはブコメにやられたのであろうとしているわけですが,ブログを続けていくとさまざまな批判コメントを読むことにはなります。その結果,この方の場合,ブログを書くことがつまらなくなったようなのです。おそらく以前はブログを書くと好意的な反応,あるいはPVの上昇のみで悪意のあるコメントが並ぶことはなく,「自分の記事に対する反応があって楽しい」となったのでしょう。

 

こういうことはツイッターも同じで,どれだけリツイートされるか気にする人もいるかと思います。しかし,ツイッターでも同様,フォロワー数があるレベルを超えると批判コメントがたくさん来るようになるそうです。私は経験したことがありません(笑)。

 

もちろん反応があるのはうれしいことなのですが,反応がたくさんあればそれだけアンチができるのも確かで,それでもなの続けていくことができる人がブログを続けられるのでしょう。そう言えば過去にも辛辣なコメントでブログを辞めるという人がいて,いろいろありましたね…。

 

当ブログも「本当に研究者か?」,「元記事読んでないだろ」,「海外のこと分かってないだろ」といろいろ飛んできていますが,「そうかな?」ぐらいにとどめています。研究者ですので現実世界でも「何書いているか分からない」「君の論文にはがっかりした」などさまざまな批判を直接浴びているので,そこら辺の耐性は強いと思っています。でも嫌ですけどね(笑)。

 

それで,今回は結局,ブログ飯が大変だから辞めるのではなく,ブログが楽しくないから辞めるという結果になり,そもそもブログ飯とはどうなの?という話にまでいかなかったので,ブログ飯についても書きたいと思います。

 

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

 

ブログ飯といえば,イケダハヤトさんがとくに有名ですね。それで,そのイケダハヤトさんがブログだけでは食べられないと言っているわけです。

 

「ブログで食う」のはマッチョな道

 

質問のなかで「ブログは直接的な収入になるんですか?」という問いをいただいたのですが、ぼくは「直接的な収入にならなくはないけど、普通の人がやる場合は、収入を目当てにしない方がいいんじゃないですかね」的な話をしました。

 

そろそろ売上が確定しそうで、2013年(1月〜12月)はブログのみで550万円程度、稼ぐことができそうです。550万円というとすごいように見えますが、これはあくまで「売上」であり、この金額から交通費、取材費、会議費、サーバー代、外注制作費、事務所経費などなどがさっ引かれます。

 

 

「売上550万円のプロブロガー」は、サラリーマンの年収水準でいえば、多分、年収400万円くらいに該当するんじゃないでしょうか。とりあえず、めっちゃ稼いでいるわけではありません。早く編集スタッフを雇いたいのですが、己の力不足を実感するのみです。来年は目指せ売上1,000万円です。

 何度も言うけど、「ブログで食う」のはマッチョな道ですよ : ihayato.書店

 

 

フリーで稼ぐということはリスクを分散するということ

上記のことってブログで稼ぐということだけではなく,フリーで稼いでいくために特に必要なことだと考えています。仕事を受ける先は少額でも良いのでたくさん持つ必要がある。フリーなので,いつ仕事がなくなるか分かりません。ブログだっていつ広告主の意向で報酬が変更されるか分からないでしょ?私なんかアドセンス停止されてますからね(笑)

アドセンス一発停止~エイプリルフールではありません - いつか朝日が昇るまで

 

そう考えれば「ブログ飯」というのは,「フリーで稼ぐ一つのツール」ぐらいの認識がうまくいくのでしょう。そうしないと何かあったら次から無収入ですから。

 

もちろん世の中にはアフェリエイトで月何百万円も稼いでいる人がいるので,それだけでも生きられるという人もいるでしょうが,そういうのは素人が入っていて勝てる見込みはないと感じています。

 

ですからブログも収入のひとつぐらいの軽い気持ちで初めて,運が良ければお金が入るぐらいで良いのではないですか?それだって立派な「ブログ飯」でしょ?ブログで一食でもご飯食べられたんだから。