読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妻は夫に期待しなくなってないでしょ

結婚・夫婦生活

以下の記事,タイトルだけをみると妻は夫に期待しなくなったと思うわけですが,中身は全く違います。当然ではありますが,結婚前に期待していたことが減少することは現実の結婚生活の中であるわけですが,結婚生活を続けることで増加する項目もあるわけです。また期待が減少していることを指して,「期待しなくなった」とは言えません。それなのに「なぜ「妻」は「夫」に期待しなくなったのか。」とタイトルつけてしまっているわけです。

なぜ「妻」は「夫」に期待しなくなったのか。 | kashiko

 

では増加した項目と減少した項目の両方を見てみましょう。まずは結婚前と結婚後です。

f:id:gerge0725:20140423073536g:plain

結婚時と現在とで差が大きい順に並べてみました。

 

1位 1人の女性として自分を愛してほしい (マイナス21.8ポイント)

2位 自分や家族を引っ張ってほしい (マイナス17.6ポイント)

3位 いつもそばにいてほしい (マイナス13.9ポイント)

 

4位 期待していない (プラス7.0%)

 

現在増加しているのは「自分の老後の面倒を見てほしい」,「何でも言うとおりにしてほしい」というものです。これもある意味夫に対する期待ですよね。まあ「期待していない」はおいといて。

 

次は結婚後の変化です。

 

f:id:gerge0725:20140423074011g:plain

 新婚は何年以内かという定義はありません。3年未満を結婚ウキウキ期間と仮定し、3年~10年、10年以上で比較しました。3年以内は「1人の女性として自分を愛してほしい」という期待も、60ポイントを記録しています。そんな時期もあったわね、遠い目をしたあなたは、その期待が「子どもにとってよい父親であってほしい」「期待していない」に移ってしまったのかもしれません。

 

 そう,期待が移っているのです。だから妻は夫に期待しなくなったわけではないのです。そういう変化があることが「夫婦になる」「家族になる」ということではないでしょうか。みなさんはどう思われますか?