いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子供のイヤイヤ期に解決策は存在しない

以下のブログの記事を読みました。こちらの記事は今イヤイヤ期を体験中の方が書いたもので,その内容としては一般的によく言われているものですし,イヤイヤ期の大変さを体験されているようで同情しております。

子供のイヤイヤ期に絶対やってはいけない3つのこと

 

その内容であるやってはいけないことの3つとは①子供がやりたかったことを先回りしてしまう,②むやみやたらに怒ってしまう,③モノで釣ってしまうというものです。我が家におけるイヤイヤ期の息子の行動に関しては以下の記事を参照ください。

本当にあった辛い育児の話~ベスト5 - いつか朝日が昇るまで

妻と私が子育てしていてイライラする息子の行動ベスト10 - いつか朝日が昇るまで

 

それで上記の3つですが,誰しもがこういうことをしてはいけないと思っているわけです。でもできません。なぜなら親にだって予定はあるし,仕事もあるし,子どもに付き合ってばかりはいられないからです。つまり親がイライラする原因は子どもを待つことができない,待つ時間がないということなんです。

 

だから私はそういう生活をしている人達に上記のようなアドバイスをしても意味がないと思ってしまうのです。なぜならどう工夫しても時間がないという根本的な問題は解決されないからです。ということはイヤイヤ期に対する解決策はないし,できないのだから,「今のやり方で良いんじゃない」と言ってあげて,休みの時だけでも子どもとの時間をしっかり取ってもらうことしかないのではないですか?また私は子供に怒ったって良いんじゃないのと思うんです。

 

だから私は次のようなアドバイスの方が好きです。

時期が過ぎるのを待つ

どんな工夫をしても、いやいやはなかなか封じ込められないし、封じ込んでしまっては問題。だとしたら、「時期が過ぎるのを待つ」しかありません。自立に必要な自己主張が達成されると、反抗はウソのように収まっていきますから。

 

 

ヤダヤダは、基本的には言わせておくしかないでしょう。ある程度泣いて、わめいて満足したら、ゴロニャ~ンと落ち着きますから。それよりも、親自身がイライラをためないようにするのが、一番のコツかもしれませんね。

“いやいや期”を上手に乗り切る方法を教えてください - ぴっかりさんのすくすく道場 - 育児のまぐまぐ!

 

そう,親にイライラがたまるのが一番問題です。親がイライラして爆発すると子供もさらにイライラして声のトーンが上がります。それでお互いが疲弊するという最悪のパターン。だから親だってイライラを溜めないように「そういうことをされるとお母さんも嫌なんだよ」と言ってあげたらいいんです(久保田カヨコさんも言っているらしい)。つまり「ダメ!!」だけではなく必ず理由をつけること。私は主語と述語をはっきりさせ,なるべき指示語を使わないようにしています(もちろん出来ない時もあります)。

イヤイヤ期は親のイライラ期!?心構えと乗り切り方 - ベビカムまとめ

 

人間なんだから上記のことに気をつけて,お互い気持ちをぶつけあったら良いんじゃないですか?そうすると子供の語彙力も上がりますよ。うちの息子も男なのにうるさいぐらいしゃべります。ただ問題なのは親のまねして同じような怒り方をすることですが…(笑)

 

 

新編 2才児イヤイヤ期の育て方―「魔の2才児」と楽しくバトル!

新編 2才児イヤイヤ期の育て方―「魔の2才児」と楽しくバトル!

 

 

 

天才脳を伸ばす2歳教育

天才脳を伸ばす2歳教育