読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

アトピー性皮膚炎対策で入浴剤を使ってみた

子育て 日々のくらし

我が家の息子は夏でも冬でも保湿剤が必要で,肌の調子が悪くかゆそうでとても可哀そうです。夜中に痒くて起きてしまったこともあります。皮膚科では保湿剤とステロイドを処方されていますが,完治には程遠く,「これだけ長引くのはアトピーだ」と言われてしまいました。

 

以下のような記事もあり,保湿剤を塗り続けていたのですが,あまり効果はありませんでした。

赤ちゃんが生まれた直後から皮膚の保湿を続けると、アトピー性皮膚炎になるリスクを約3割下げられるとする研究結果を、国立成育医療研究センターなどがまとめた。アトピーは乾燥などで皮膚の防御機能が乱れると発症すると考えられている。新生児のうちから適切な対処をすれば、予防できる可能性が高いという。

赤ちゃんのアトピー、保湿で予防 続けるとリスク3割減 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

それでさまざまなものを試してみたのですが,これが一番効いたと思えるのが人工温泉だったんです。これもたまたま島根に行った時に入った風呂が人工温泉でした。

出雲大社はやはりパワースポットだった - いつか朝日が昇るまで

 

そこで入ったのが二股炭酸カルシウム温泉で,温度が高いのに肌が全く赤くならない。今までお風呂で肌が刺激されて肌が赤くなっているのだと思っていたのですが,それはどうも違っていたようです。そしてその後,肌がすべすべで保湿剤を塗った時の違いはかなりのものでした。

 

ただ大浴場でしたので温度が高く,子どもは夜中まで体温が下がりませんでした(38℃ぐらいになりました)。それだけ温まるということなのかもしれませんが,長湯はしないほうがいいのかもしれません(翌日はとても元気でした)。

 

こうした二酸化炭酸泉は実際にアトピーに効果があると言われています。

二酸化炭素泉の二酸化炭素は、

皮膚から吸収されて毛細血管を拡張させ、血行をよくするのです。

 

これがどうアトピー改善へと向かうかというと、

二酸化炭酸泉入浴は敏感肌の方でもストレスなく入浴でき、血流が通常の7倍にもなる

(リンパ液の流れも良くなる)ので、代謝も活発になり、色素沈着も軽減されます。

 

さらに活性酸素を除去する効果もあり、乾燥した肌に潤いを与えてくれます。

アトピーに効く温泉(二酸化炭素泉) - アトピーノート

 

二酸化炭酸泉はほとんどが人工的なもので調べてみると近くにもたくさんありました。こちらも試してみたいとは思いますが,毎日通うことはできませんし,意外と高いんですよね。ということで自宅でできないかと思い,入浴剤を試してみました。

 

まずひとつめはこちらの商品。

 

潤炭酸SPA  BS (炭酸泉タブレット)60g×10錠入 カルボ泉

潤炭酸SPA BS (炭酸泉タブレット)60g×10錠入 カルボ泉

 

 

こちらは入浴用です。説明書には毎日1錠と書いてあるのですが,たまに2錠入れると効果があるような気がします。においはありませんが,水がぬるぬるする感じがして,お風呂に皮脂が浮きます(笑)。島根で体験した温泉ほどの効果ではありませんが,肌もきれいになり,お風呂上りにかゆがらなくなりました。これは効果ありです。

 

それで現在,もうひとつ以下のものを試しています。

 

スパークリング ホットタブ 15g×100錠

スパークリング ホットタブ 15g×100錠

 

 

こちらはまだ試し始めたばかりなのですが,肌の効果は上の最初に紹介したものの方があるような気がします(風呂上りに息子は少し痒そうにしていました)。こちらの場合,入浴のみに特化したものではないので,何錠入れるかによって効果が違うのかもしれませんね。少し様子見です。

 

他にも「きき湯」シリーズで炭酸が入った入浴剤があるようですが,おそらくそちらは試さず,最初に紹介した入浴剤を使っていきそうです。でもそれだけではなく,近くのスーパー銭湯で二酸化炭酸泉を試してみたいと思います。

 

ちなみに我が家は他にも水素水やヨーグルトは継続して使っています。息子の場合,汗や皮脂の汚れが肌を刺激しているので,アトピーの症状が出ているのかもしれませんね。ただアトピーの場合,原因はさまざまですので,入浴剤も効果がない,逆に肌の状況が悪化した場合は辞めた方が良いと思いますので,注意してください。

 

私は今まで上記のようなことを試してきたのですが,もしアトピーで何かほかに効果があるものがあれば教えてください。よろしくお願いします。