いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

我が父親だって「マイルドヤンキー」じゃないか!!

以下のエントリーを読みました。マイルドヤンキーなる言葉があるんですね。

マイルドヤンキーには選択肢がないという話 - 価値のない話

 

それでいろいろと調べていた以下の記事がありました。原田曜平さんはマイルドヤンキーを以下のように考えているようです。

 「マイルドヤンキー」とは上京思考がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤をつくっている人々のことだそうです。

 「マイルドヤンキー」という言葉があぶり出した日本の階層:日経ビジネスオンライン

 

 

 

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 (幻冬舎新書)

 

 

それでこの記事では以下のように述べていて私もその通りだと思うんですね。こういう単なる言葉遊びは研究の世界でもなされるわけですが,よく考えてみると新しいことは言っていないなんてことはよくあります。

 

 私にとっては、彼らが指している「マイルドヤンキー」というのは、昔から当たり前のようにいた人たちであって、それは決して激減してはいないにせよ、急激に増えた感じも全くしていないのです。

 

(中略)

 

同級生のみならず先輩や後輩を見ていても、そういう人々が急増している感覚は全くありません。彼女・彼らを乱暴に一括りにする言葉が生まれただけであって、その言葉の対象となる人々は、少なくとも私が物心ついたときからずっと存在していました。なので、「何をいまさら」というのが、筆者の正直な感覚であり、この感想を話したところ、地方出身の友人や、都内のガラの悪い学校にいた友人らも、同感だと話していました。

 「マイルドヤンキー」という言葉があぶり出した日本の階層:日経ビジネスオンライン

 

 

私の田舎もこんな感じでしたし,大学で外に出る機会がなければ地元で就職,地元で結婚,地元で子育てという人生を歩んでいく。むしろそれが当然でした。だいたい自分の父親達も中学の同級生といっしょに今の地域で暮らしているんですよ,田舎は。だから父親たちは中学の同窓会なんて未だに開いています。私の方がありませんが。

 

そこでこの記事の関心はなぜ今「マイルドヤンキー」なのかです。

  むしろ、私は、メディアで発信をしている人々が今頃になって「マイルドヤンキー」について発言しだしたことそのものが、この社会が昔から格差社会だったのだということ、日本の格差がいよいよ本格的なものになってきたことを示してくれるような気さえしました。

 

(中略)

 

徐々に拡がってきた格差がいよいよ臨界点を超えたということにも一因はあるとは思いますが、筆者が感じている一番の理由は情報技術の普及だと思います。

 

情報技術の進歩は、直接には見えていなかったものを「見える化」します。

 

(中略)

 

情報技術の普及は、今までの生活では決してすれ違いさえもしなかった人々がウェブ上で邂逅する機会をもたらしました。もし読者の中で「マイルドヤンキー」に人生で出会ったことがない人々がいたら、ツイッターのタイムライン検索で、「マクドナルド」、「イオン」、「しまむら」などのほとんど誰でも知っているけど、比較的に郊外にも多くある店舗の名前を打ち込んでみて、そのタイムラインを眺めてみて下さい。

 

 「マイルドヤンキー」はまだ序の口なのだと思います。これに留まらず情報技術の進歩は、今まで見えてこなかった様々なものを今後も可視化していくことでしょう。こうして目の前に現れてくる、「自分にとっては異質な日本の一部」は一時的には人々を不安にさせるかもしれませんが、長期的には望ましい結果をもたらすものであると筆者は信じています。

 

筆者は情報技術の進歩により,今まで見えなかったものが「見える化」したことが,「マイルドヤンキー」なる言葉を生みだすことになったとしています。

 

そこで「マイルドヤンキー」という言葉そのものから離れて考えてみましょう。実家で生活していくということを考えると家賃だってかからないし,生活費も抑えられ,給料を自分のために使うことができる。子育ては手伝ってもらえる。我が家の弟たちは結婚もせず,実家に住み続けています(以前は「パラサイトシングル」と言われていましたね…)。

 

例え実家を出たとしても,地元であれば金銭的にも人的にも援助をしてもらえますし,そういう人間関係が煩わしくなければそれを受け入れないという選択をすることこそがおかしいと捉えられるんです。地元であれば,親のお金で実家の近くに新たに家を建てるなんてこともよくあります。私の父親の弟はまさにそうして家を建てています。もう60歳越えてますよ(笑)。

 

「実家もあるし,仕事だってこっちにあるでしょ。家賃になんでそんなにお金払うの?生活費かかりすぎるでしょ」と実家に帰るといつも言われます。都会で暮らすという私たちが選んでいる選択肢こそおかしいと言われるんです,田舎では。だって親の世代もそうして地元で暮らしてきたわけですから。

 

だから昔から田舎にあったのに「マイルドヤンキー」って新しい言葉を使うのもどうかと思いますし,横文字使って何か新しいことを言ったみたいにするのはいい加減やめてほしいものです。まあ,これ研究の世界でも多いんですけどね。