読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子づくりのプレッシャーを感じる夫たち

子育て 結婚・夫婦生活

「妊活」という言葉まで生み出され,晩婚化,晩産化がさけばれる今日,「子どもを持ちたい」という妻の望みに一生懸命答えようとする夫。そうした夫婦も増えてきているのかもしれません。以下の記事ではその夫の悩みが紹介されています。

 

「今まで快楽目的のセックスしかしてこなかったので、子づくりとなるとどうしても萎えてしまって。妻には内緒でクリニックに行ったら、『勃起不全』だと言われ、バイアグラを処方されました」

 

(中略)

 

「効果は抜群でした。妻の機嫌も良くなったのですが、3か月続けても結果が出ず、また不穏な空気に。食卓には毎朝青汁が並び、くるみや松の実など“精子にいい”とされる豆類がご飯に入るようになりました。神棚には水天宮のお札や鬼子母神社のざくろの絵馬などが日に日に増えていき、一時は勃起薬を飲んでも中折れしてしまうほど精神的に追い詰められていきましたね」

 

 2人の間にケンカが絶えなくなり、何度も離婚届を突き付けられたという浜川さん。

 

(中略)

 

 

 彼女は検査して異常がなかったので、常に僕を疑いの目で見てますし。バイアグラを飲んでセックスをし続けるのも正直つらいので、彼女にすべてを打ち明けようかと真剣に悩んでいます。このままだとお互いノイローゼになりそうですから」

妻の子づくり強要にウンザリ…中折れ夫のツラい日々【男の妊活】 | 女子SPA!

 

 

女性の方に問題がないのであれば男性の方も精子の検査を行った方が良いと思うのですが,それはできないんですかね…。女性の方がプレッシャーがあるのは確かなのですが,男性もこのような状況だと辛いでしょう。

 

最近では不妊治療もかなり進化してきているようで,不妊治療によって子供を授かったという人も多いようです。ただお金はバカになりません…。また高齢であると障害を持って子供が生まれてくる確率も上昇します。

 

妊娠するためには基礎体温のチェックや病院での卵胞チェックがありますが,これでしっかりと分かる人もいればダメな人もいます。うちの妻の場合,基礎体温がきれいに2層に分かれておらず,排卵日の特定が困難でした。卵胞チェックは周りの人は「今日です」と言われ,その日に行為に及んで妊娠ができたようです。我が家もやろうと思いましたが,こちらも結構お金が高いんですよね。また外れることもあります。さらにこういうタイミングで性行為をするというのは,性行為を楽しむというよりも,子づくりのための行為でしかないんですよね。もちろん不妊に苦しむ人たちはそんなことは言っていられないのですが…。

 

実際になかなか子供ができないと精神的に落ち込みますし,「これだけ頑張ったのに」と性行為はただの子作りのための行為になってしまいます。

なぜ妊娠しないの?~妻の悩み - いつか朝日が昇るまで

 

こうした精神的な悩みは女性だけでなく男性にもあるわけですが,先ほども書いたように原因をしっかりと特定することが重要です。以下,男性不妊の原因が第4位まで上げられていましたのでご紹介します(詳しくは引用元をご参照ください)。

 

1位 乏精子症(精子の数が少ない)

2位 無精子症(精子がない)

3位 精子無力症(元気な精子が少ない)

4位 勃起障害

 男性不妊をもたらす、4つの原因 | みんな不妊に悩んでる | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

 今回のケースは4位だけでないのかもしれませんので,男性も病院に行って精子を調べてもらう方が良いと思うんですよね。そうしないといつまでも精神的に苦しむことになりますし,奥さんの疑いの視線もなくならないでしょう。

 

私の周りは男性側の原因でということは少ないのですが,そもそも帰ってくる時間が遅すぎで子づくりできないという別の悩みがあるようです。チャンスは1か月に1回ですから,「今日排卵日だから早く帰ってこい」という連絡もあるのだとか。男も辛いですね…。

 

 

男性不妊症 (幻冬舎新書)

男性不妊症 (幻冬舎新書)