いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

大学生に勉強させるのは大学の責任では?

以下のツイートを見まして早速元記事を参照しました。私もこの先生と同じ意見で企業の成績評価が前提でないと大学生は勉強しないとしてしまうのはおかしいのではないかと思うわけです。

 

 

 まずはなぜ大学生は勉強しないのか。元記事の主張は以下の通りです。

そう、海外では、大学の勉強を頑張って成績を上げることに、現実的なメリットがあるのです。GPAが0.5点足りなかったがために、行きたい会社の採用試験を受けることすらできない――そうなる可能性があれば、勉強を頑張ろうという気になります。

 勉強しない大学生が、量産されるメカニズム | なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

 

つまり成績が就職に優位に働かない日本では学生は一生懸命勉強しなくなる。そしてそれを見ている先生たちは以下のようになると言います。

 

実は大学の先生も、最初は「しっかりと授業をしよう」と思っているのです。ですが、連載第1回で見たように、学生の授業に臨む姿勢には、丸っきりやる気が感じられません(6~7割がスマートフォンをいじっているのですから!)。

 

「それでは」と学生にやる気を出させるために課題を出したり、評価を厳しくしようものなら、「厳しい先生」「相当まじめにやっても落とされるかも」などと悪評(?)が立ってしまいます。

 

それでも時間を使い、授業の質を高めよう、評価をきちっとしようと、時間と労力をかけると、研究に割ける時間が制約されます。ふと周りの同僚たちを見ると、適当な授業、簡単なテストをやって授業には時間も労力も使わず、その分を自分の研究に費やし、何本もの論文を書いて実績を積み上げている――そして、そんな手抜きをする先生の授業のほうが、学生の受けがよく、選択している学生は多かったりします。

 

 

このように、日本においてやる気のない大学生をきちんと教育しようとするには、大変な精神的労力がいる割に、実質的なメリットがないのです。大学の先生も人間ですから、こんな状況で真剣に教育に向き合えというのは、やはり酷な話なのです。

勉強しない大学生が、量産されるメカニズム | なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

そして負のスパイラルになるという主張です。そこで筆者は企業が変わることで大学生に勉強させようと主張します。

 

企業が大学の成績を参考にするようになると、大学生は勉強して少しでも成績を上げようとします――これが正のスパイラルです。正のスパイラルが回り始めれば、大学生は晴れて勉強するようになるのです。

大学生を勉強させる「現実的」な方法 | なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

企業が成績を評価することで大学生に勉強させようとするわけですが,就職が大学生にとって大きな問題だとしても企業の力だけで「大学生に勉強させる」ことが可能であるとは思いません。

 

だから大学生に勉強させたいのなら,大学で勉強させる体制を大学が作っていくことが重要だと思います。それはカリキュラムもそうですし,成績評価もそうです。必修を増やせば勉強しなければ単位が取れず留年するわけですから,勉強するでしょう。さらにこの記事にもある東大法学部の記述箇所。ここでは成績評価によって勉強させているとあるわけですよね?

 

 ここで目立つのは、東京大学の圧倒的な強さです。これには理由があって、東京大学法学部と経済学部では、学生につける「優・良・可・不可」の割合が決められていて、いいかげんな勉強では簡単に単位を落とされてしまうからです。逆に言うと、成績に差をつけなくてはならないので、暗記しただけでは太刀打ちできない、「考える力」が試される論述問題を出題しているとも言えます。

 大学生を勉強させる「現実的」な方法 | なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか? | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

 

こういう事例を「特殊」としてしまうことに違和感がありますね。またここで行われている「考える力」は学生の聞き取りをベースにしており,実際に「考える力」があるのかどうかは分かりません。むしろ大学が「考える力」をどう考え,どうそれを教えていくのかを大学側に考えさせることこそ必要だと思うのです。

 

もちろん前述したように大学生ですので,就職というものが念頭にあるのは確かです。その中で大学で何を学ばせるか,それがその後の人生や仕事にどうかかわるのか。そこまで考える必要が大学に求められていますし,そうでなければ少子化の押し寄せる現在,地方の大学は淘汰されていってしまうでしょう。

 

九州国際大学の山本先生はカリキュラム改革で学生に勉強させるという体制を築いており,私も共感できる部分が多々あります。学生の学力不足を嘆くだけでは何も始まりません。

 

第 1 に,「学力がない」学生に対して「学力が積み上がる」カリキュラムを提供する。具体的には,多数の法律科目で構成されるカリキュラムではなく,段階的な学習を保証するために,科目選択の余地を狭め,科目数を大幅に削減したカリキュラムとする。本学部では,科目数を半減させ,法律学入門科目と民法科目に重点を置いたカリキュラムを構想している。

第 2 に,科目の階梯性を実現するために,科目のねらいや達成目標を教員の裁量ではなく学部全体で管理することを目的としたシラバスを開発する。同時に,キャリア教育の観点から各科目の「有用性」と「重要性」を明確にする。また,同一科目や同一学年開講科目を担当する教員が教材

の共同開発や定期試験の共同作成などを行い,相互 FD(ファカルティ・ディベロップメント)を進める。

第 3 に,ジェネリックスキルを「意識的に」育成するための授業方法を検討する。例えば,初年次科目においては 1 科目 2 コマ連続の授業形態がありえる。その際,1 コマ目は通常授業を行うが,2 コマ目は小レポート作成や応用問題や相互発表などを行うことで,知識理解度を深め,ジェネリックスキル育成を図るといった手法が考えられる。

http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2012/12/pdf/044-054.pdf

 

山本先生も触れているように学ぶことに終わりがないように大学の取り組みにも終わりがないでしょう。しかしそれが本来の「大学改革」のはずだったわけで,今の「大学改革」はリベラルアーツなどに代表される学部統合や「グローバル」という言葉を使うだけになってしまっているのでは?と感じています。ここでは「専門性」よりも一般教養の流れがあります。

 

大学の英文科に行ったわけでもないのに,勉強したのは英語だけみたいな笑えない状況になっていくのではと危惧しています。「大学独自でできることはまだまだあるのでは」と期待している私はダメですか?

 

 

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)

学校って何だろう―教育の社会学入門 (ちくま文庫)