読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「お父さんの仕事って何?」と聞かれてどう答えるか

以下の記事を読みました。この方はまだ子供がいないようですが,私は子供がいますので,どう自分の仕事を伝えるか考えなければならないなと思いました。ただ私の場合,この元記事の方ほどの悩みではないですが(笑)。なおこの元記事はOKWaveの相談をもとに書かれていますので,本当かどうかは分かりません。

 

 「親がAV業界で働いていることがバレたら、子どもはいじめやからかいの対象になるのではないでしょうか?」

 まだ結婚もしてないけど… 将来の子どものために「AV業界」を辞めるべきか | 企業インサイダー | キャリコネ

 

 確かにAV業界となると賛否両論で転職を勧める人が多いようです。自分の職業を子供に伝えることができない。それでは本人が辛いのではないか。しかし別に親の仕事を正直に話す必要はないという意見もありました。

 

回答者のtg_naka_55さんも、「(AV業界とは)オーディオビジュアルのことだと言っておけばいい」と助言します。父親がどんな仕事をしていようと、子どもにとって親は親。業界など些細なことなのかもしれませんね。

 

親の職業が子供に無関係というのはないのでしょうけど,親が自分のことをしっかりと愛情を持って育ててくれたと実感できれば,子どもは納得するでしょうね。その方が重要であると思います。

 

ただ隠してもバレるというのはあるわけで,バレた時のことが気になるのであれば,それは転職した方が良いでしょう。子供っていじめるときはいじめているという感覚がないのもあるのか,容赦ないいじめ方をしますから。特に小学生は。

 

私の妻の父親は仙人みたいな人で生活費は母親がすべて払っていたのですが,小学校で必ず父親の職業を書くところがあって,毎年何て書こうかと相談していたようです。

 

「今年はねえ,芸術家にしよう!!」(母親)

 

職業ってそうやって決めるのかと妻は思ったようです。もちろん今はそうではないと思っていますよ(笑)。

 

それで私ですが,これ職業欄にどう書こうかと悩むわけです。一応自営業ではありますが,職種は何なのかと。家で仕事をしていることが多いので,日中に外をフラフラすることが多く,妻は近所の人に「旦那さん何してるの?」「大丈夫なの?」と声をかけられるということもありました。

 

まあ確かに日中に子育てしている男性はとても少ないですから,こういう風に言われることは多いんですよね。以前,マッサージの先生にこの話をしたところ「私も日中散歩することが多いですが,近所の人の目は完全に不審者扱いですよ。まあこんな体型ですからね。でもこのお店のチラシがまかれるようになって,やっと仕事をしている人という認識になりました(笑)」と言っていました。

 

確かにこの先生は空手で国体にまで出ているので,ごつい体でまあ怪しいんですね。私よりも不審に思われるなんてかわいそうにと思いました。

 

ということで今から職業をどう書くのか,考えないといけません。それで職業一覧を見て候補を挙げてみました。

職業一覧 - Wikipedia

 

候補1

塾講師

いろいろ聞かれて面倒くさい時はこれを書いとくと,ほとんどの人が分かる職業なので重宝しています。でも専任ではないし,これからも続けていくか分からないし…。

 

候補2

著作家

教材作成の仕事をしているのである意味著作家です。でも教材を作っている人を著作家と呼ぶと違和感がありますよね。さらに名前を出して大々的に教材を作っているわけではありません。論文やブログは書いていますが,それで生活しているわけではないですし。

 

候補3

ゴーストライター

→これだ!!