いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妊娠と育児の両立ってどうすればいいの?

f:id:gerge0725:20140523211956j:plain

 

妻の妊娠生活が6か月目に突入し,いよいよお腹も出始め,動きも以前のようにできなくなってきました。つわりという困難を乗り越えたのですが,また辛い時期に突入していきます。しかし息子の方は絶好調で元気いっぱい。妻は息子に付き合って外で遊ばなければなりません。

 

私が家にいるときであればいいのですが,いないときが問題です。特に私は土曜日も働かなければならず,土曜日は保育園に預ける日ではないのでかなり大変です。

 

私たちが住んでいる地域は子供が多い地域ですので,仲の良いママ友は第1子を抱えながらの妊娠生活をしているのですが,とても元気で外に連れ出しています。一方,妻は第1子の時に早産を心配され,安静にするように言われましたが,今度は第1子がいるわけですから安静にしているなんてことはできません(前回は入院もしました)。

 

また上の子がいて保育園の送り迎えをしなければならないわけですから,どうしても自転車を使わなければならないこともあるかもしれません。

 

今はただ乗るだけなら良いのですが,自転車に子供を乗せてバランスを取るというのがとても難しいようです。以下のサイトを読むとその危険が書かれています。

 

妊娠中期の自転車

 

妊娠中期は比較的つわりがなく、体調も安定していくことが多いので、ついつい無理をしがちです。特に妊娠後期や出産に向けて色々とできなくなることが出てくると思うと、活動的になるのもこの時期です。ただし、つわりは減ってきても今度はお腹の張りを感じる妊婦さんもいます。

 

(中略)

 

お腹が大きくなってくると、自転車になる際のバランスのとり方が難しくなります。もしも、転倒した時は大きくなったお腹が先に地面にあたることも十分考えられ、とても危険です。

 

妊娠後期の自転車

 

妊娠後期に自転車に乗ることは、自分だけではなく、見ている周囲の人も心配になるほど危なく見えることがあります。

 

実際、自転車に乗るとお腹が大きいぶん、背中が後方になります。前かがみになれない状態で自転車をこぐことになります。左右に曲がる時、少し体を斜めにした時、坂を下る時などバランスのとり方が難しくなります。

 

ぐらついた時に足が付ければよいのですが、お腹が邪魔して上手にバランスを立て直すことが困難になります。お腹が大きくなっているので、手をつくのとお腹が地面につくのと、どちらが先になるのか心配です。

 

また、妊娠後期は子宮が大きくなって赤ちゃんは出産の準備で下に下がってきます。サドルに座ると、すぐ上には赤ちゃんの頭があることになります。 

 妊娠中の自転車

 

だから歩けとなるわけですが,前回もお腹が張りやすいと言われていたので,長時間歩くことは難しいかもしれません。これは仕方がないのでタクシーしかないのかもしれません。でも妻は節約したいという思いが強いんですよね…。

 

送り迎えの問題は最悪タクシーで解決しても,外で遊びたい息子とどう過ごすのか。同じように,安静を言い渡されたママ友は家で子供にテレビを見せていたようです。母親はそういう時,本当に申し訳ないと思うようです。実際,つわり中の妻はそう思っていたようです。

 

親に手伝ってもらえばいいのではないかと思われるかもしれませんが,妻の母親は働いているし,あまり手伝ってもらいたくない関係です(父親という選択肢はシングルマザーなのでそもそもありません)。最後の方は私の親に頼もうと思いますが,それでも1か月が限界です。

 

育児と仕事が大変だという話はよく聞くし,いろいろなやり方もイメージできるのですが,妊娠と育児の両立。これは第1子の時には経験したことがないので,これからどうしようかと悩んでいるところです。もし何か良いやり方があれば教えてください。よろしくお願いします。

 

 

すべてがわかる妊娠と出産の本

すべてがわかる妊娠と出産の本

  • 作者: ハイディマーコフ,サンディハザウェイ,アーリーンアイゼンバーグ,竹内正人,森田由美
  • 出版社/メーカー: アスペクト
  • 発売日: 2004/10/15
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 91回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る