読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

修学旅行は誰のため?

f:id:gerge0725:20140608080423j:plain

 

以下の記事を読みました。横浜市の公立中学の生徒が起こした問題であり,とても身近な話題だと感じたので,今回はこの件について書きたいと思います。問題は被爆者である森口さんが被爆遺構を案内している際に起こりました。

 

 森口さんは10人ほどを爆心地から600メートルほどの山里小学校へ案内。話を始めようとした際、別行動をしていた男子生徒5人が近づき、「死に損ないのくそじじい」と大声を上げ、周りの生徒に向けて「笑え」「手をたたけ」などと言ったという。

 

(中略)

 

校長は取材に、暴言の前に森口さんが、態度が悪い男子生徒1人に「出て行け」と言って叱った経緯があったと説明。「(暴言は)逆恨みをして言ったのだろうが、許される言葉ではなく反省を促したい」と話した。今後、生徒の感想文と校長の謝罪文を送るという。

修学旅行生、被爆者に「死に損ない」 横浜の中学校謝罪:朝日新聞デジタル

 

本当のところはどうか分かりませんが,森口さんに注意されて「キレた」というのが正しい分析で,「死に損ない」という言葉にどれほどの重みがあるかと考えて発言したわけではないでしょう。またこのような事件は今回だけではありません。以前にも起きていたようです。

 

ただ、1997年には長崎市の被爆者の男性(当時65)が被爆体験の一人芝居の上演中、修学旅行の中学生からやじられたり、キャンディーを投げつけられたりするトラブルがあった。

 今回の問題について男性の妻(79)は「やってしまった後が大切」と話す。男性のケースでは生徒数十人が謝りに来て、男性は「水に流そう。人の痛みの分かる人になって下さい」と応じた。その後、生徒たちの生活態度が改まったと聞き、救われたという。「生徒たちがしっかり反省し、気持ちを森口さんに伝えることが大切」と指摘した。(山本恭介、岡田将平)

修学旅行生、被爆者に「死に損ない」 横浜の中学校謝罪:朝日新聞デジタル

 

そうですね,問題が大きくなってやっとまずい発言をしてしまったのだと気づくかもしれませんし,それで反省していけばいいのだと思います。実際にどのように反省したのか,また反省したのかは見てみたいとは思うわけですが。

 

そこで改めて修学旅行って何のために行くのか考える必要があると思うんですね。私自身も中学の修学旅行は広島でした。おそらく教員側は広島で原爆について学んだ欲しいと考えたのでしょうけど,中学生ですから旅行に行って勉強するという意識って高くはないでしょう。

 

私たちも修学旅行に行く前に事前学習や,グループ発表をして「どこに行きたいか」を話し合ったわけですが,私たちの前の年までは東京ディズニーランドなど遊びがメインだったのに「なぜ俺たちは広島なの?」という思いは常にありましたし,友達ともそんな話をした記憶があります。

 

今回,修学旅行での暴言という問題が起こったわけで,その直接のきっかけは注意されたことかもしれませんが,修学旅行の目的が教員と生徒の間でかなりの差があったのではないかと想像しています。

 

横浜市教育委員会は修学旅行の意義を以下のように答えています。

 

(1)普段と異なる生活環境にあって、豊かな自然や文化に触れる体験を通して、学校における活動を充実させる活動である。
(2)校外における集団活動として、教師と生徒、生徒相互において人間関係を通して楽しい思い出を作り上げてゆく。
(3)自律的な集団行動を通して健康・安全、集団生活の決まりや社会生活上のルール、公衆道徳などにおいて望ましい体験をさせること。

横浜の中学生はどこに修学旅行に行くの?[はまれぽ.com]

 

こういう目的で実施されているわけですから,生徒と教員との間の温度差はあるのでしょう。生徒にとっては(2)だけ十分と思ってしまいますし,実際に残っている思い出ってそれだと思うのです。

 

横浜市の教育員会の人は以下のように答えているわけですが,そもそも修学旅行が必要なのか考えないといけないのでは?と思ってしまいますね。大人になってから興味がある人は長崎を訪れるわけですから。

 

当時は思春期の真っただ中だった筆者は、“面倒”とか“興味ない”とか言ってて、今になればもう一度しっかりと再訪したいことしきりだ。

「それでもいいんです。当時はわからなくても、時期がきてまた学びたくなる。昔の学習が生きてきた証拠なんです。“学んで完結”ではなくて、また蘇って身になる。教育って、それでもいいんです」とは上條氏の弁。 

横浜の中学生はどこに修学旅行に行くの?[はまれぽ.com]

 

 生徒のために計画した修学旅行ではありますが,生徒はそれを理解していない。自分のことを思い返せばそれは特別なことではないとは思うので,いっそのこと修学旅行なんてやらなくても良いんではないかと思うんですけど,どうでしょうか?長崎はとても面白い街だし,修学旅行で行くより大人になってから行った方が面白いと思うんですけね。広島も同様でしたが。

 

長崎県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

長崎県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

 

 

 

 

長崎・ハウステンボス・五島列島 (楽楽)

長崎・ハウステンボス・五島列島 (楽楽)