読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妻,絶叫する

f:id:gerge0725:20140620092652j:plain

 

以下の記事を読んだ後にちょうどタイミング良く(?)妻が絶叫する事件が起こりましたので,そちらのご報告をしたいと思います。

 

イクメンの疲れが倍増する妻の言動 - ほう太パパの七転び八起き

そして夫は家を出た - 仕事は母ちゃん

 

 

私の妻はとにかく手抜きができない,常に全力投球で物事に臨むタイプの人間です。「猪突猛進」とはまさに彼女のためにあるような言葉です。これは結婚してからそうなったのではなく,小さいころからそうだったようで,例えば小学生の時は鉄棒ができるまで学校から帰らない,算数が理解できるまでずっとやっているような子どもだったようです。親はそれにずっと付き合わなければならなくて,大変だったと思われます。おそらく我が息子も性格が似ているようなので,今から怖いです(汗)。

 

そんな妻は勉強に関してもとにかく全力投球ですので,私は妻のことを「体育会系勉強部」の部員だと伝えています。実際にママ友になっている面々を見ると,明らかに体育会系の人間と仲良く付き合っています。本人は「体育会系は合わない」と述べていますが…。

 

そんな妻ですので,妊娠中でありながらも育児,家事,仕事と手を抜くことを知りません。そのためこのまま突き進んでいくと,どこかで電池が切れたようにバタンと倒れるのではないかと周りのみんなが心配するわけです。

 

そうした中,今回,以下の会話がなされて妻が絶叫するのです。

 

私「もっと休んだほうがいいよ」

妻「そんな時間はない」

私「時間を決めて休まないと疲れるよ」

妻「疲れていない」

私「今はそうだけど,この先疲れて倒れたらどうするの?」

妻「そんなこと言ってもやることがたくさんあるんだからどうするんだよ」

私「家事も俺がやるから。仕事も少し減らして…」

妻「仕事も育児も家事も全部やりたいんだよ!!もうここから出ていく!!」

 

まあこのような会話がなされたわけです。こうしたことは以前にもあるので,珍しいことではありません。以前,母親の態度に対してあまりに腹が立ったらしく,怒り狂った妻はあんパンを投げつけるという事件がありました。ただ怒り狂っていても冷静な部分もあるのか,あんパンは壁に投げつけたそうです。そしてそのあんパンが犬の方に飛んで行きまして,犬があんパンを咥えて運んでくるという面白い光景になってしまうのも妻の特徴なのですが(笑)。

 

こうなった時の対処法はとにかく気持ちが落ち着くまで待つことです。その後,なぜ休んだ方が良いのかを丁寧に説明するという段階に入ります。その時になると妻も落ち着いていて,確かに休みを入れた方がいいと思うわけですが,それが実際に実行に移されるのかどうかは難しいと思われます。

 

スポーツをやったことがある人は分かると思いますが,けがをする時って調子が悪い時ではなく,調子が良い時なんですよね。調子が良い時は気持ちも高まり,いつもよりオーバーワークになって,結果,体に負担がかかってけがをします。「体育会系勉強部」の妻も同じで,いつも「調子が良い」というのですが,そういう時こそ気をつけてほしいという意見はなかなか理解しづらいようです。

 

私は「一生懸命やっているし,実際にできているのになぜ止めろと言うのか」というのが妻のそもそもの怒りの原因なのですが,そういう時こそ気をつけて意識的に休みを取って欲しいんですけどね。なかなか難しいところです。

 

こんな感じで子どもも含めて,日々いろいろな事件が起こっているわけですが,気持ちが落ち着いた状態だと会話が成立するので,いつもそこで喧嘩は終了します。ちなみにさっこさん(id:plutan)と違って一心同体にはなっていません(笑)。さあ,今日はどんな問題がおこるのでしょうか…。

 

 

夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか

夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか

  • 作者: タラ・パーカー=ポープ,古草秀子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/09/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る