読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

マクドナルドではブログが書けなかったのでマクドナルドについて考えてみた

f:id:gerge0725:20140815185318j:plain

 

最近,どこに行くにしてもパソコンを持ち歩いていて,ブログを更新したり仕事をしたりして,ノマドを気取っているわけですが,とある平日にブログを更新しようと思ってマックに入ってみました。でも,入った瞬間「ここではブログが更新できない」と思って店を出てしまったのです。その時の感覚はというと仕事などする雰囲気ではなく,いわゆる若者の溜まり場で仕事するなんてウザいんですけどという感じでした(あくまでも個人の感想です)。

 

その後,スターバックスでブログを書いたのですが,これはスターバックスの方がWi-Fiが使いやすいという理由だけではありません。ドトールでも記事は更新できるので,マックだけは特別なのです。あの「仕事なんてさせない」という雰囲気は最強です。また,マックと言えばジャンクフードの代表です。例えば以下の記事,知ってますか?

 

ハンバーガーを購入したデイビット・ウィップルさんは「防腐剤がどっさり使われているマクドナルドのハンバーガーは時間がたっても変化しない」ということを友人に示すためにハンバーガーを1ヶ月間放置していたのですが、すっかりその事実を忘れてしまい、2年後、コートのポケットから放置され続けたハンバーガーが見つかったとのこと。ハンバーガーを発見したデイビットさんはそのまま放置し続けることを決めたのですが、14年経った2013年に再びハンバーガーを見たデイビットさんは、姿かたちがまったく変化していないハンバーガーに驚愕したそうです。

1999年に購入したマクドナルドのハンバーガーを14年もの間保存し続けるとこうなる - GIGAZINE

 

そうです,マクドナルドはジャンクフード界最強なのです。私のようにブログなんてものを書こうとする人間は門前払いです。しかし,そのマクドナルドが業績不振で迷走しているようです。その原因は私のような仕事をする人間を受け入れ,さらに低価格路線を捨て,おしゃれ路線に転換したことらしいのです。

 

 マックカフェにした結果、マクドナルドのメイン顧客であったファミリー層にとって、みんなで楽しく食事をできる場所ではなくなってしまった。カフェにしたことで、店は以前よりも静かになった。AC電源も設けたことで増えたパソコンで仕事をするビジネスパーソンや高齢者が、ゆっくりくつろいで長居ができる場所になってしまった。

 その結果、店舗に行っても空いている席数は少なくなり、活気が減り落ち着いてしまった店内の雰囲気、メニューもなく注文しづらい状況に、ファミリー層は愛想を尽かしてしまったのだ。

 当然、客数は減るし、コーヒー一杯で仕事をしたり、寄り合いをする客が増えれば、おのずと商品販売数量は減り、売り上げは下がる。これがマクドナルド不振の根本原因だ。

 筆者が店頭での定点観測をしている感触としては、ファミリー層は以前より50%減くらいの印象を受ける。それだけでなく店頭に来たものの、空いた席がなく帰ってしまう客も多いのだ。店を見渡せば、2人席、4人席に1人で座りパソコンをしていたり、寝ている客もいる。

ファミリー層で気軽に入れること、子どもがワイワイガヤガヤ気兼ねなく楽しめることは、味以上にマクドナルドの価値だったのだが、同社は自らその価値を手放してしまった。そして同社を離れたファミリー層は、増加傾向にあるガストやサイゼリヤなど低価格帯ファミリーレストランや飲食メニューの充実著しいコンビニ食に流出していったのだ。

 苦境のマック、なぜ主要客・ファミリー層の“心”は離れた?客数減の理由を店舗から考える | ビジネスジャーナル

 

 

ファミリー層離れを引き起こした要因として、マックカフェ化の導入が挙げられる。店内はおしゃれになった分、家族でわいわいがやがや楽しめる雰囲気でなくなり、テーブルや椅子が固定されたため、大人数での来店がしづらくなった。パソコン電源が配置されたこともあり、一人で黙々と仕事をしている人、一人か二人で長居している高齢者の姿が増えた。
 その結果、外食をするファミリー層がファミレスへと流れ、自宅での食事に切り替える人も増えた。コンビニ各社が料理メニューを充実させ、中食はブームになった。ちなみに、このマクドナルドから流出したファミリー層を獲得するというのが、13年の牛丼業界各社の戦略だった。 

 マック、低迷脱出のカギはスマイル復活?カフェ化で失った家族客獲得の戦略と、宅配の成算 | ビジネスジャーナル

 

若者や家族層を切り捨て,スターバックスに行くような層を取り込もうとした結果,客離れを起こすという結果に。挙句の果てに以下のように言われるようになってしまいました。

 

まぁ、簡単に言うと「不味いのに高い」ってことですし、それと同時に「価格帯の割に客層が悪い」というの言えます。他にも「居心地が悪い」というのも挙げられます。 

 マクドナルドに行きたくないと思う最大の理由は「行くことや食べることが恥ずかしい」と感じるから! | 俺の言いたい放題ブログ

 

私が行ったマクドナルドはまだカフェ化しておらず従来と変わらない最悪(笑)の雰囲気でした。最近マクドナルドでは持ち帰りしかしていなかったので,久しぶりに店内利用をしようとしたのに,相変わらずのマクドナルドにそっと店を出ることにしたわけですが,逆に言えばそれこそがマクドナルド本来の姿であったわけです。おしゃれな,健康志向なマクドナルドなど誰も望んでいません。ジャンクフードこそマクドナルド,騒がしい店内こそマクドナルド,そんなマクドナルドであってほしい。そんな期待をマクドナルドに抱きつつ,持ち帰りのみを利用し,今日もスターバックスに入る私です。

 

ごめん,マクドナルド!!

 

 

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論

 
人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった