読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

子育ては「こんなはずではなかった」の連続

子育て

f:id:gerge0725:20140721161752j:plain

 

子育てに関する情報はネットや本から容易に手に入るわけですけれども,そうした情報が自分の子どもには当てはまらなかったり,いろいろな情報がありすぎて,しかもそれぞれが矛盾していることもあって逆に混乱するなんてこともあります。

 

当然,誰しも子どもを持つのは初めてな訳ですから,育児書やネット情報を仕入れ,「こうやって育児をすればうまく行くんだな」と事前学習するわけですけれども,いざ産まれてみるとそうした情報がほとんど役に立たなくて途方に暮れるなんてこともあります。それで親にも聞いてみるんですよね,「俺の時どうだった?」と。そうするとですね,「忘れた」ですよ。そんなことで役には立たないわけです。

 

子どもはそれぞれ違いますので,正しい子育ての答えなんてないんですけども,より正しい答えを求めて親たちは彷徨うわけです。時にママ友に聞いたことを実践し,時にネット情報,本の情報とさまざま試してみて,結局は自分たちが試してみないと自分の子どもにあった育児の仕方が分からないというのが現状でしょうし,それも成長と共に変化するので同じやり方が常に通じるとも限りません。だからママ友に「○○した方がいい」と言われて,トラブルになることも実際にありました。

 

以下の記事ではネットで子育て情報を検索する危険性を指摘しているわけですが,そんなことは誰しもがわかっているわけで,現状を少しでも変えたいからこそネットでの検索に頼るのではないかなと思います。

 

現在は、どういった分野であれ、正解を求める意識が強くなっていて、子育ても例外ではないでしょう。しかし、子育ては本来、その子どもの育つ力を引き出すためのものなので、ネットで探せるような正解は存在しないのですね。

 

以上、子育てをスマホに頼りがちなママがハマる落とし穴についてご紹介しましたが、いかがでしたか? つい正しい情報を求めてしまうママの気持ちも分かりますが、ここは子どもと一緒に試行錯誤しながら取り組んでいきましょう。

決して、ネットでは探せない、あなただけのオリジナルの育児方法が見つかるはずです。

増加中!育児の疑問を「スマホ検索に頼る」ママが陥る落とし穴とは

 

 こうした記事を書く人は「あなただけのオリジナルの育児方法」に至るまでどれだけ大変かというのを理解してますか?私は次男に対してはやっと長男の教訓が生かせますけど,そんなに簡単にオリジナルの育児なんて見つかるものではないと思いますよね。

 

子どもが3歳になったので育児について振り返ってみる - いつか朝日が昇るまで

 

とにかく第1子の時は余裕がなかったので,「スマホ検索に頼るな」とか言われてもですね,「じゃあどうすれば良いんだ」と思うわけです。だって「そんなこと言ってもあなたが助けてくれるわけではないでしょ」と。

 

その時に学んだのは,一緒に子育てする人たちや子育てを支援してくれる人たちの存在がいかに大切かということです。もちろん悩みを聞いてくれるというのもあるのですが,「ちょっとトイレに行く」という時に子どもを見ていてくれる人がいるだけでこんなにも違うものかと思うわけです。

 

また,私は塾で働いていますから妻にとっては夜がとても長くて辛い。そんな時も一緒にご飯食べてくれる人がいるだけでずいぶん楽ですよね。「スマホ検索に頼るな」「自分のオリジナルの育児を!!」など理屈では分かりますが,現実に困っている人に対してどう手を差し伸べるのかを具体的に示してほしいものです。育児中の皆さんもそう思いませんか?

 

 

あなたが生まれてから

あなたが生まれてから

 
くわばたりえの子育てバタバタやんっ!

くわばたりえの子育てバタバタやんっ!