読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

「イクメン」に対する意識が変化しているという話

f:id:gerge0725:20140830100621j:plain

 

すっかり「イクメン」という言葉が定着しましたね。イクメンのプロジェクトのホームページによると,「イクメン」の定義は以下のようになるようです。

 

 イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。
または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクト

 

イクメン」というのは言葉が先行しており,それに社会を合わせていこうという側面がかなり強いものだと思います。以下の調査はイクメン意識を調べたものです。

 

時事通信社が毎年2000人に行っている調査によれば以下のような結果が出ました。

男性が育児に参加することについて

【20代の解答/2009年→2010年】
マイペース派(できる範囲ですればいい)・・・39.8%→50.4%(10.6%アップ)
積極参加派(積極的に参加すべき)・・・52.8%→40.5%(12.3%ダウン)
伝統的子育て派(育児は母親がすべき)・・・2.4%→6.9%(4.5%アップ)

【30代の解答/2009年→2010年】
マイペース派(できる範囲ですればいい)・・・56.2%→51.5%(4.7%ダウン)
積極参加派(積極的に参加すべき)・・・39.0%→43.8%(4.8%アップ)
伝統的子育て派(育児は母親がすべき))・・・4.4→3.4%(1%ダウン)

【50代の解答/2009年→2010年】
マイペース派(できる範囲ですればいい)・・・60.9%→58.2%(2.7%ダウン)
積極参加派(積極的に参加すべき)・・・31.7%→31.3%(0.4%ダウン)
伝統的子育て派(育児は母親がすべき)・・・6.1%→7.2%(1.1%アップ) 

イクメンになれないパパたちの悲痛な叫び:その1「イクメン予備軍」の実態に迫る!|もこすくーあなたの健康をサポート

 

20代は積極的に育児に参加しようとする人が少なくなっているんですね。約半分の人が自分のペースで参加することができればいいと考えているようです。もしかしたら30代,40代は結婚しており,実際に育児を現実的問題として捉えているからかもしれないと思ったのですが,このページでは以下のように分析しています。

 

イクメン予備軍」が多いのは30代と40代

20代とは逆に、「父親も育児に参加すべき」と考える「積極参加派」が増えているのは30代。ここでは紹介していませんが、40代でも似たような結果になっています。つまり、「若い世代」というよりは「比較的若い中高年世代」がイクメンを目指そうとがんばっているわけです。この世代の人たちはいわゆる「団塊ジュニア」。父親と触れ合いたくても触れ合えないまま大人になった世代です。自分たちの反省を踏まえて「自分の子供にはいい父親でいよう」と思っている人が多いということかもしれません。

イクメンになれないパパたちの悲痛な叫び:その1「イクメン予備軍」の実態に迫る!|もこすくーあなたの健康をサポート

 

確かに私も団塊ジュニアで自分の父親は反面教師ですね。ただ父親と遊んだことがないので,実際に子どもとどう接すればいいのか迷う部分もあります。

 

父親とほとんど遊んだことがないので息子とうまく遊べないのかもしれない - いつか朝日が昇るまで

 

それで少し調べてみると,団塊ジュニアの世代は親の団塊世代と比べ,子育てと性的分業に関しては相違がみられるようです。

f:id:gerge0725:20141127130412g:plain

http://www.hilife.or.jp/pdf/200505.pdf

 

ただこれが私のように親を反面教師にしているからなのか,核家族化が進んで,世話をせざるを得なくなっているのか,なぜそうした意識の変化が起こっているのかは分かりません。これらの原因だと20代の意識との差を説明することはできません。団塊ジュニア世代の皆さんはどうでしょうか?私と同じように親が反面教師になっていますか?

 

 

助けてと言えない―いま30代に何が

助けてと言えない―いま30代に何が

 
難民世代―団塊ジュニア下流化白書 (生活人新書)