いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

30代とは何だろう~30代で生き方を考える

f:id:gerge0725:20140911091621j:plain

30歳も後半にさしかかり,もうすぐ40歳になろうとしている。それにしても30代って何だろうなあともう終わりにさしかかってみて思う。以下のようなエントリーもそうだが,30代って何か中途半端な感じがする。

 


30代はどこで服を買えばいいんだよ

 

20代の時はただがむしゃらに走ってきた。それも30代になると落ち着いた。結婚もした。家族も持った。だから考える30代の意味。


30代にしておきたいこと。いろいろな本やWebに書かれていることをまとめてみた。 - NAVER まとめ

 

こんなことを考えたのは何も今初めてではない。以前からfinalventさんのツイートでたびたび目にしてきたことではあった。

 

 

 

確かに20代というのはまだ若いと見られていて。30代になると特に35歳ぐらいになると周りも「もういい加減にしろ」みたいな空気になってくる。

 

「もう勉強やめたら」と言われる日 - いつか朝日が昇るまで

 

また私たちはもうすでに若者ではない。しかし30代になっても若者という意識は抜けていかない。でも若者との意識の差は生まれてきて,それを埋めることはできない。ある意味「老害」である。

 

突然だが、私は「若者」をやめることにした。

いや、40歳なので、もはや若者ではない、はずだ。ただ、社会的にも、精神的にも、肉体的にも加齢のルールが変わる中、いまだに若者なんじゃないかと思ったりもする。平均年令、中位数年齢も45歳くらいだから、一応、それよりは若いということになる。

とはいえ、もう40年も生きているわけで。若者ぶるのは恥ずかしいということを確信した次第だ。

これからは、言動、ルックスなどなど含め、40代を意識することにする。ますます「若き老害」として、老害力を磨くことにした。

同世代の男女諸君、君たちも意識したまえ。我々は既にアラフォーなのだ。

アラフォー男女よ もう「若者」はやめよう : 陽平ドットコム〜試みの水平線〜

 

仕事していてもどんどん若い人が入ってきて自分は若者,新人ではなくなくベテランみたいな扱いになってくる。そして仕事そのものの意味や人生そのものの意味を問いたくなるのもこの年代の特徴かもしれない。中には「中だるみ」などという現象に陥る人もいる。

 

 ベテラン社員と話をしていると、20代〜30代のある時期、「中だるみ」してしまったことを後悔している人が多くいらっしゃいます。

 ある人は、「自分よりも劣っていると思っていた同僚に先を越され、ふてくされて手を抜いていた時期が3年くらいありました。社内的な評判もその時期にだいぶ落としてしまいました」と語ってくれました。

 ベテラン社員は語る「あのときがんばっていれば…」20代~30代社員を襲う「中だるみ」の恐怖!|20代のあなたに、会社が期待していること|ダイヤモンド・オンライン

 

30代というのは人生において重要な分岐点であるはずなのに,あっという間に過ぎ去ってしまいそうだ。このまま40代に突入して行って良いのだろうか。そんな思いが頭をよぎる日々。そして今の生き方を変えるなら30代のうちにという想いがずっとあった。

 

だから来年は働き方を変えようと思う。もっと自分にあった働き方。それが実現できるか分からない。家族がいるんだから金もしっかり稼がないといけない。でも一歩前に踏み出すことにした。そうしたないと40代,50代とその先の人生につながっていかないと思うから。いろいろと決まったらこのブログでも報告したいと思う。

 

 

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 
30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則