いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

自宅出産・助産院の選択は許可制にした方が良いよね

f:id:gerge0725:20140902090428j:plain

 

自宅出産ってテレビで放送されたり,芸能人がブログなどで報告するなどして憧れる人もいますよね。私達も自宅出産,もしくは助産院での出産も良いかなと思ったのですが,そもそも前回の妊娠中に妊娠糖尿病になってしまってのでそれらの選択をしませんでした(実際には良いですよと言われたのですが,危ないと思ったので止めました)。

 

分娩施設は夫も一緒に探そう~分娩施設選びを考える - いつか朝日が昇るまで

 

 

それで私たちは病院で無痛分娩での出産を選択したのですが,結果としてそれは良かったと思っています。

 

痛みがなくて良かった~無痛分娩体験談 - いつか朝日が昇るまで

 

私達は選択しませんでしたが,助産院や自宅での出産を希望する方もいるかと思います。確かに理想の出産として選択したいというのは分かるのですが,その選択をする前に考えるべきことがあるのではないかと思うのです。以下の記事では自宅出産の問題点が書かれています。特に私が問題に思うのは次の点です。

 

1)アンナさんは非常に健康な妊婦さんだった

そもそも、イギリスでは一定の基準を満たした健康な妊婦さんでなければ自宅出産の許可が下りません(英国国立医療技術評価機構のガイドラインより)。

日本には母子が自宅出産に耐えうるかどうかを判断する一定の基準は存在しません。また、自宅出産にあたって医師や専門家の許可も必要ありません。つまり、第三者による判断や許可の機会が全くなく、完全なる自己判断、自己責任で自宅出産することになります。


芸能人にも多い「自宅出産」は危険? 母親になる前に知っておきたい命のリスク|ウートピ

 

日本では夫婦で分娩施設の選択をしているのですが,妊婦さんを含め,旦那さんも専門家ではありませんので,胎児がどのような状況であるのか分かりません。そうした状況でいきなり自宅出産や助産院を選ぶというのはあまりにも危険ではないでしょうか。少なくともイギリスのように許可制にして胎児の様子を知ってから選択できる制度にすべきだと思います。

 

というのも私の周りで助産院を選択し,直前まで病気が分からなかった人がいます。大きくなるまで助産院のエコーでは異常が認められなかったそうです。そのため結局,何も治療できぬまま出産に至ってしまいました。そしてそれから即入院。自宅には帰れません。

 

私たち夫婦も結果的に大事には至りませんでしたが,トキソプラズマの陽性反応が出ました。もし異常が認められたら…。おそらくその検査をしている病院でなければ発見できなかったでしょう。こうした検査をすべてクリアした上で,助産院や自宅出産を選んだ方が良いと思うわけです。

 

命と向きあった一カ月~トキソプラズマ陽性反応で - いつか朝日が昇るまで

 

大学病院の新しい取り組み

大学病院でも助産院のような出産を目指すところもあります。大学としてもリスクがない妊婦に関しては助産師に任せ,リスクがある妊婦に対して医師が対処した方が効率的だということです。もし助産院を利用したいのであれば,こうした施設を利用して理想の出産を実現するのも手かもしれません。

 

 妊娠初期の検査などから低リスクとみられる妊婦で、院内助産の希望者は、妊娠16週から同システムに移行。妊婦健診から出産、産後の母乳指導や育児相談まで助産師が対応する。

 助産師の継続的なサポートを受けながら、定期的に同病院の産科医が診察。異常があれば産科に移り、産後も新生児集中治療室などで治療を受けられ、必要に応じて大学病院の専門的な医療も用意されている。

 都筑区の2010年の出生数は約2100件に上るが、区内で分娩を取り扱う施設は同病院も含めて4施設のみ。同病院でも月70人の出産受け入れ可能枠を超える希望者があり、断ることも多かったが、マタニティハウスの開設で5月からは月80人に拡充する。

 田口進院長は「助産師が経験を積んで技術を高め、医師とも信頼関係を築くことで、医師はハイリスク妊婦や医療に専念するなどの機能分担を進め、産科医療の改善につなげたい」と期待を寄せている。

院内助産システムを開設、昭和大病院が産前から継続サポート/横浜 | カナロコ

 

さいごに

 出産に際して他の何よりも優先して考えられるべきは、赤ちゃんの安全であって、お母さんの産み方ではない。そんな忘れがちだけれど、すごく当たり前で、とても大切なことを考えさせられます。

芸能人にも多い「自宅出産」は危険? 母親になる前に知っておきたい命のリスク|ウートピ

 

そうした安全に関する責任をご両親にのみ負わせるのではなく,許可制にして医師や社会がその責任の一端を担うような制度にしていかなければならないと思うのですが,どうでしょうか。

 

 

痛くないお産麻酔分娩がよ~くわかる本―周産期専門の麻酔科医に聞く

痛くないお産麻酔分娩がよ~くわかる本―周産期専門の麻酔科医に聞く