読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

妊娠リスク度を測るテストがあるのを知っていますか?

f:id:gerge0725:20140616090951j:plain

先日以下の記事を書きました。妊娠・出産というのはいろいろあるもので,事前にリスクを減らすことができるならそんないい事はないですよね。そう思って調べていると,妊娠リスク度を測るテストがありました。

 

初めて妻が妊娠・出産した時はどうだったんだろうという話 - いつか朝日が昇るまで

 

まず妊娠リスク度を測るテストを作った中林先生のインタビューを紹介します。中林先生はこのテストを作った理由を以下のように説明します。

 

Q:今回点数表が作られたねらいは何ですか?

A:日本は自由に出産場所が選べますから、順調に経過している人でも大病院で出産したり、危険性が高いのに小さいところで産んでしまう人が出ます。その結果、大病院が混雑して本当に危険なお産を診る余裕がなくなったり、小さいところが無理をしてしまったりしているんですね。それでは事故のもとになってしまいます。

そこで、きちんと「棲み分け」の基準を作り、その場所に本当に適した妊婦さんが集まるようにしよう、ということになりました。

「妊娠リスク」を点数化!リスク度で産院選び [産婦人科・産院選び] All About

 

確かにこうしたことが事前に分かるのは重要です。自分でもそのリスクが分かれば分娩施設を選ぶ際の指標になりますし,突然のリスク発生で転院ということも少なくなると思います。

 

自宅出産・助産院の選択は許可制にした方が良いよね - いつか朝日が昇るまで

 

それで実際に点数計算をしてもらうと以下のような割合になるようです。

 Q:「リスクが高い」「中程度」「低い」と判断される率は、それぞれどれくらいですか?

A:2800人で試行してみたところ、「高リスク」の人は15.3%、「中リスク」の人は40.7%、「低リスク」の人は44.0%でした。妊娠後半期のリスクを加えると「高リスク」29.5%、「中リスク」 40.0%、「低リスク」30.5%になります。

「妊娠リスク」を点数化!リスク度で産院選び [産婦人科・産院選び] All About

 

よし,ということで試しに妻の点数を出してみました。テストは以下のページにあります。みなさんもチャレンジ。

あなたの妊娠リスク度は何点? [妊娠の基礎知識] All About

 

妻の結果は2点。なんだ少ないじゃないかと思ったのですが,結果を見ると以下のように分類されているんです。

0~1点→低リスク
現在のところ大きな問題はなく心配はいりません。

2~3点→中リスク
ハイリスク妊娠に対応可能な病院と密接に連携している施設での妊婦健診、分娩を考慮してください

4点以上→高リスク
ハイリスク妊娠に対応可能な病院(周産期センターなど)での妊婦健診、分娩を考慮してください 

2/2 あなたの妊娠リスク度は何点? [妊娠の基礎知識] All About

 

中リスク…。今回の妊娠・出産を考えるとあっているかも。ただこのテストには以下のような問題もあるようですが,この記事は2005年と古いので何らかの修正がされているのでしょうか。もしあったらご指摘ください。

Q:内容を見ると、年齢について厳しいかな、という印象を受けました。40歳になると全員が通常の病院では出産できない高リスクグループになってしまいます。

A:全国の産科医からも意見を募る予定で、いろいろな意見が出てくると思います。最終版ができた時点で、全国の病産院で使ってもらうことになります。目安としては、3年くらいで実用化したいと考えています。

「妊娠リスク」を点数化!リスク度で産院選び [産婦人科・産院選び] All About

 

いずれにせよリスクが事前に分かるのであればもっと活用されていいと思うのですが,実際にはそうなっていないですし,私たちも知りませんでした。こうしたテストがあるならもっと知られても良いと思うのですが,皆さんは知っていましたか?

滋賀県は平成18年4月から、滋賀医科大(大津市)の提唱で全国で初めて、リスクスコアの配布を開始。妊婦と医師がリスクへの心構えを共有しやすくなり、深刻な産科医不足の中でも病院のたらい回しが発生しておらず、一定の実績が認められている。

しかし滋賀医科大が昨年11月に県内207人の妊婦を対象に行ったアンケートでは、評価表を使っていた妊婦は66人(31.9%)だけ。受け取っているにもかかわらず、評価表自体を知らない妊婦が過半数の106人(51.2%)いた。

また、母子健康手帳を受け取る際、評価表について説明を受けたという妊婦はわずか21人(10.1%)で、自治体の説明不足も影響しているとみられる。

 お医者になるのは、大変ですね : 出産に伴う合併症などチェック−初期妊娠リスクスコア自己評価表

 

最後に

最後には自分たちで選んで分娩施設も決めなければなりません。先日の記事にもあったように妊娠・出産は何が起こるか分かりません。リスクを事前に知ることはとても重要だと思うのですがどうでしょうか?

 

 

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!