いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

第一印象が悪い人の方が長く続く関係になれる人

f:id:gerge0725:20140622101339j:plain

 

これ、私のことではありません。私の妻のことなんですね。私の妻はよく「私、人のことが分からないんだよね」と言います。というのも「この人良い人」と思った人が付き合っていくと全然良い人ではなくて、妻の方がとてもショックを受けるということがあるからです。

 
逆に「この人何なの?」と思った人の方が長く続いて、「こんな良い面もあるんだ」と気づくようです。何を隠そう、私の第一印象も最悪だった模様です…。そんな私と勢いで結婚するわけですから思い切りが良いというか、無茶をする人というか、まあ猪突猛進型であることは確かです。
 

 

「結婚しない」と宣言した半年後に結婚した話 - いつか朝日が昇るまで

 

そんな妻ですので、勘というのも当てにならなくて失敗も多いです。だからギャンブル系はほとんど負けです。昔はよく2人でゲームセンターに行ってコインゲームを良くやりましたが、ほとんど勝てませんでした。私もギャンブルダメなんだと思います。
 
話を元に戻しますが、そんな妻を見ていると第一印象が良い人に対しては、減点法が採用されていて、第一印象が悪い人には加点法が採用されているように見えるんですよね。まあこれは妻だけに限らず、一般的にそうなのかもしれないのですが、第一印象が良いと悪いところが目についてしまうのはありますよね。そういうちょっとしたダメな点を「かわいい」と思える人もいるのかもしれませんが、妻は違うようです。
 
それに比べて第一印象が悪い人はちょっと良い面が見えるだけで「こんな良い面があるんだ」と思えるんです。確かにその人の意外な一面を知ると評価が高まるというのはありますよね。私はまさに妻にとってそうであったようです。
 
世の中には第一印象が重要だという議論があふれていて、「見た目が9割」だとどこか表面上だけを飾っているように見えて仕方がないです。確かに私のように第一印象があまり良くない人は苦労はするのですが、その分嘘がない関係が築けるというか、まあここら辺は第一印象が良い人に聞かないと分からないけど、そんな風に感じています。
 
かといって「中身が重要」だと言っても誰もその中身を見てくれなくては意味がなくて、その中身を見てもらうために第一印象をよくしろという議論も納得できるわけですが、人間というのはそんなに器用に生きられないもので、見た目も中身も両方よくするなんてなかなか難しいものです。
 
だから私のように見た目を良くすることが苦手な人は誰かに中身を発見してもらうしかなくて、私の場合,幸運にも妻に発見してもらえたわけですが、そのためには妻のように第一印象が悪い方が長く人間関係が続くというタイプの人たちに多く生存して欲しいわけです。
 
とういうことで第一印象が良くない私としましては妻のような人間が増えて欲しいと思うのですが、皆さんの周りにはたくさんいますか?

 

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

 
やっぱり見た目が9割 (新潮新書)

やっぱり見た目が9割 (新潮新書)