読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

夫の家事能力向上に向けて必要なものを考える

f:id:gerge0725:20141227000348j:plain

 

男女共働きで夫も家事をする事態になったわけで,慣れない家事をしている旦那さんも多いでしょう。私も今でこそそれなりに家事ができるわけですが,以前はほとんできない,というかほとんどしない人間でした。以下の記事で夫の家事能力に触れていたので,ご紹介します。

 

 ■共働き夫の家事意欲は、なぜ低いのか

―― それでは、DUAL世代の男性がいま抱えている問題には、どんなものがありますか。

田中:まず、家事をうまくこなせない夫に妻がダメ出しをすると、夫はますます家事が嫌いになるという悪循環の問題ですね。

 実はこうした状況が生まれるのには、社会的背景があります。例えば中学校で女子は家庭科の授業を必ず受けますが、男子が家庭科の授業を受けるようになったのは1993年からです。つまり35歳より上の男性は、家事の基礎となるべき家庭科の授業をきちんと受けていないのです。

―― 僕(荒井)は37歳ですが、確かに小学校では家庭科をした経験があったけど、中学校では技術を学んでいましたね…。

田中:それに親の世代はサラリーマンと専業主婦の組み合わせが多く、「男は仕事」「女は家庭」と役割分担がはっきりしていました。なので、共働きなら家事を分担して当然なのに、家事を自分ごとだと思えない男性がまだまだ多いように感じます。子どものころ「お母さんに台所に入ってはいけない」と言われて育った男性もいますから。

―― 母親の育て方もありますよね。なんでもやってあげるお母さんだと、何もしない子に育ってしまう。

田中:私もそうですが、専業主婦の母親に育てられた男性は、家事は「全自動」だと思ってしまうふしがあります。一人で暮らしてみたら、家事ってこんなに大変なんだと分かるんです。

―― ずばり、僕もそのコースです。子どものときは家事を全くせず、大学時代に一人暮らしをしてみて、家事を初めてまともにやりました。もし実家暮らしだったら、家事をしないままに結婚まで進んだな…。

田中:こうした社会的な背景から、日本の男性は女性より家事への意欲や能力が低いのは確かなので、それに対する支援はもっとあっていいと思います。

 例えば、男性向けの料理教室が盛んになってきましたが、掃除教室とか皿洗い教室など、身の回りの家事を学ぶ教室も男性には必要なのではないでしょうか。 


妻よ、家事能力の低い夫を叱らないで :日本経済新聞

 

ここから分かるのは以下の2点です。

  1. 中学で家庭科を習っていない
  2. お母さんがすべてやってくれた

私も両方当てはまりますね。それで大学時代からの長きに渡る一人暮らしのおかげである程度の家事はこなせるようになりました。まあ苦手ではありますが。それでそんな大変な家事はやらずに大学を卒業したあと実家に戻った我が弟たちは全く家事ができません。そして結婚もしていません。おそらく彼らと結婚したら奥さんは大変だろうなと思います。まあ,相手もいないので心配しても仕方ないのですが…。

 

それで奥様方には夫の家事能力は低いという前提で長い目で見てほしいんですよね。上記の記事では以下のようなコツが書かれています。

 

夫が家事ができなくても、きつい言い方や上から目線での話ではなく、褒めてあげつつ、優しく仕事を教えるつもりで接するほうが良いと思います。男性が喜ぶ「さしすせそ」はご存じですか。

―― 知りません…。

田中:「さ」は「さすが」、「し」は「知らなかった、そんなやり方があるんだ」、「す」は「すごい」、「せ」は「先輩だから」、「そ」は「そうなんですか」。男女平等という観点からはどうかと思いますが、現実的には、女性が下手に出ると男性は喜んで受け入れてしまいます。

妻よ、家事能力の低い夫を叱らないで :日本経済新聞

 

ここら辺はうまく旦那さんを操縦するということが求められるという,奥様からしたら大変面倒くさいことなんですよね。そんな面倒くさいことはしたくないかと思いますが,私自身も家事を継続していくことである程度できるようになりましたので,ぜひ暖かい目で見守ってほしいものです。

家事は継続していけばうまくなる~「家事ハラ」記事について - いつか朝日が昇るまで

 

さて実際に私のように家事が苦手な旦那さんはどうすれば良いかというと,便利な機械やグッズに頼るという手があります。私だけかもしれませんが,機械で何かをするって楽しいんですよね。家事が楽になるというのももちろんですが,純粋に家事が楽しく思えます。


私は場所を取るので食洗機を買っていませんが,これがあると喧嘩が減ると言われたことがあります(欲しいなあ…)。食器洗いが面倒な人はこれが良いかもしれません。

 

 

あと掃除機ですね。我が家はコードレスの簡単なものを買おうかと思います。軽いものでこまめに掃除すると汚くならないですし,準備に時間がかからないですよね。

 

TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK

TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK

 

 

あと洗濯機を買い替えようと思っています。一回で大量に洗濯して乾燥もできるといいかなと思います。何回も洗濯機をかけるのは経済的でもないですし,時間もかかりますからね。

 

 

あと個人的には布団専用の掃除機があると良いなあと思うんですよね。布団を干すことが面倒になっているので。

 

お布団用掃除機 LSJ-601

お布団用掃除機 LSJ-601

 

 

料理に関してはレンジは便利なんですけど,個人的には圧力鍋が最高です。はっきり言ってなんでも入れて煮込んでしまえばおいしい煮物になりますし,息子が好きな鯖の味噌煮も圧力鍋で作っています。

 

パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋3.5L H-5040

パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋3.5L H-5040

 

 

それで我が家にはブレンダーもあっていろいろ料理の幅が広がるんですが,子供が小さいとその時間すらもなくて,どうしても切って煮込む,切って焼くがメインになってしまうんですよね。まさに宝の持ち腐れです。今後はもっと活躍すると思いますが…。

 

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック プロフェッショナル MR5555MCA

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック プロフェッショナル MR5555MCA

 

 

あとですね,フライパンが汚くなるのが嫌な人はこれを買うといいです。この上で魚を焼くと汚れませんし,きれいに焼けます。こんなのも活躍していますね。魚焼けば一品という感じで。

 

 

家事は少しでも楽しくやればだんだんと慣れてくるし,上達もしてきます。結果,家族にも笑顔が増えるのです。そのためには金を使って少しでも家事をする環境を整えましょう。「料理がおいしい」と言われるのもうれしいものですよ!!