いつか朝日が昇るまで

子育て、受験、日々考えたことなどを紹介するブログです。みなさんの気楽な子育て,中学受験を応援します。

男の育児は減点法よりも加点法の方が伸びると言う話

f:id:gerge0725:20140810090833j:plain

 

年末に旦那さんの育児に関するエントリーが匿名ダイアリーの方にいくつか上がっておりました。一つ目は以下のもので男の育児の嘆きが書かれていました。一回の失敗で奥様に責められるという話。よく聞きますよね。


旦那の育児

 

これに対して以下のような意見が。

なんか勘違いがあるな。

育児の精神的負担って、時々プラス点を取るのが大変なことじゃなくて、常にマイナス点を取らないようにするのが大変なんだよ。特に最初の数ヶ月は24時間気を抜けないから。


なんか勘違いがあるな。 育児の精神的負担って、時々プラス点を取るのが大..

 

つまりは減点されないような育児をする必要があるとのことで,確かにこういう家庭もあることでしょう。でもこれって旦那さんが育児がうまくなる要素を奪っているのではないでしょうか。

 

子育てで人と比べてあれができない,これができないと考えることはダメですよね。その子の良い面を見ていこう,加点法で育児をしようという話をする人が多くいるはずです。ただこれ,子どもには出来るけど旦那さんにはできないというのがあると思うんですよね。

 

でもですね,減点法でやっていくと,旦那さんが育児をしなくなる,できなくなり,結果自分がすべてをやらざるを得なくなって,自分が大変になると思います。これは周りのお母さんを見ていてそう感じますね。旦那さんに任せられないので,土日も休めないと言っている方もいます。

 

確かに育児をメインで担っている側から見れば男性の育児というのは不十分に見えると思うんですよね。でも男性もやっていけば育児もうまくなりますし,育児に関していろいろ調べて話すことは可能ですし,そういう能力を頼っても良いはずですし、丸投げしても良いんです。

 

私の場合,育児をする時間が長いので,ほとんどのことはできますので,妻に何か言われることはないのですが,そうなるまでには長い道のりがあったわけです。それでやっぱり育児って一人でやるよりも二人でやる方が楽ですし,子どもにもその方が良いと思うんですよね。ベネッセでは以下のような調査結果もあります。

f:id:gerge0725:20150102220049g:plain

http://berd.benesse.jp/up_images/research/research231.pdf

 

もちろん先ほども書いた通り,相手に対して加点法で接するというのはとても大変なことでしょう。相手に対して減点法で接したくなるのも理解できます。だから私がお勧めするのは産まれた時から一緒に育児をすることです。つまりお互いゼロからスタートするということが重要だと思います。そうすれば減点法よりも加点法の割合がかなり多くなると思うんですよね。

 

ただ里帰り出産をするとその間,旦那さんが赤ちゃんの世話をしない場合もあって,そうすると明確な差が出てしまって,旦那さんの方も引いてしまうというのがあります。旦那さんの側としては少しでも赤ちゃんに会って世話をするというのが必要ではないかと思います。もちろん出来ない場合もあるので,そういう場合は戻ってきた時に積極的に育児に参加する必要があるでしょうね。これは意識的に行う必要があるでしょう。

 

家庭によっては育児と仕事を分業している人もして,それでうまくいっている人たちも多くいるので,必ずしも旦那さんが育児をする必要はないのかもしれないですが,もし旦那さんに育児に参加してほしいと考えるのであれば,スタートから手伝ってもらう,加点法を実践するというのが良いかと思いますがどうでしょうか?

 

 

新しいパパの教科書

新しいパパの教科書